2018年7月16日(月)

プレスリリース

企業名|産業
NTTドコモ情報・通信
企業名|産業
ミサワホーム建設・不動産

ミサワホーム不動産・シェアリングサービス・NTTドコモ、集合住宅の空き駐車場の時間貸し利用を開始

2018/4/16 16:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月16日

ミサワホーム不動産、シェアリングサービスとNTTドコモが

集合住宅の空き駐車場の時間貸し利用を開始

~「docomoスマートパーキングシステム」を活用し実現~

 

 ミサワホーム不動産株式会社(以下、ミサワホーム不動産)、株式会社シェアリングサービス(以下、シェアリングサービス)および株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、集合住宅の空き駐車場の時間貸し駐車場としての利活用に関する業務提携契約を締結し、2018年4月16日(月)から取り組みを開始いたします。

 近年、入居者の生活スタイルの変化により、マンションやアパートなどの集合住宅の駐車場の契約率が時間とともに変動し、長期の間、借り手が現れない空き駐車場の発生が集合住宅のオーナー側の経営課題として顕在化してきています。

 一方、時間貸し駐車場は、都心部を中心に供給不足が続いており、また、集客に適した見通しの良い大通り沿いの土地の開発が優先される傾向があるため、住宅地の中心部では時間貸し駐車場が見つかりにくい状況が起きています。

 この両方の課題に対して、ドコモが2017年7月から提供を開始している「docomoスマートパーキングシステム(以下、同システム)」の特長である初期コストおよびランニングコストの低さ、最短2時間で施工できる設備敷設の容易さを生かし、集合住宅の空き駐車場を、住宅地の中心部で利用できる時間貸し駐車場として利活用することで同時に解決します。

 本業務提携の取り組みは、ミサワホーム不動産が管理する集合住宅などのオーナーから利活用可能な空き駐車場の候補地情報を収集し、シェアリングサービスが各候補地に関して時間貸し駐車場としての事業性を評価し、ドコモが同システムを提供、運用して、ドライバーに時間貸し駐車場として貸し出す、という3社の業務提携により実現します。

 この業務提携による時間貸し駐車場は、2018年4月16日(月)から順次、東京都の西部エリアを中心に4か所から展開を開始し、順次、拡大してまいります。開設した駐車場は、同システムによる運営駐車場の利用者向け専用アプリ「Peasy(ピージー)」を通じて利用できます。

 「Peasy」は、スマートフォンの特長を生かし、以下の3つのサービスを実現しており、ドライバーにとっても付加価値のある時間貸し駐車場サービスを実現しています。

 (1)駐車場到着前に駐車場の満空状態、料金を確認

 (2)駐車場利用開始30分前からの事前予約

 (3)駐車料金のオンライン決済(キャッシュレス精算)

 ミサワホーム不動産、シェアリングサービス、ドコモの3社は、本提携を通じて、それぞれのビジネスアセット、ノウハウを相互に活用することで不動産の利用価値を高め、不動産オーナー、地域住民、ドライバーが新たに生まれた価値を共有できるシェアリングエコノミー社会の実現に貢献してまいります。

 * 「docomoスマートパーキングシステム」、「Smart Parking Peasy」は株式会社NTTドコモの商標です。

 * 「docomoスマートパーキングシステム」、「Peasy」に関する報道発表(2017年7月21日)については、下記URLのNTTドコモウェブサイトをご参照ください。

  https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/07/21_00.html

 * 「docomoスマートパーキングシステム」に含まれる、コンタクトセンター、設備敷設などの一部サービスは、提携先の株式会社プレステージ・インターナショナルから提供されます。

 ※別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477371_01.pdf

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報