2018年9月25日(火)

プレスリリース

日本ヒューレット・パッカード、「データ安心パック」と「仮想化HA自動化パック」をパートナーと共同で提供

2018/4/16 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月16日

「データ安心パック」と「仮想化HA自動化パック」をパートナーと共同で提供

Windows OSのファイルサーバーバックアップ、および仮想化基盤の構築を支援する、

新たなソリューションパッケージを中堅・中小企業向けに提供開始

 

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志、以下 日本ヒューレット・パッカード)は、パートナー企業と共同で、Windows OSのファイルサーバーを簡単に丸ごとバックアップする「データ安心パック」、および仮想化基盤の構築を簡単かつ短時間で実現する「仮想化HA(High Availability)自動化パック」の2種類のソリューションパッケージを、本日より中堅・中小企業向けに提供することを発表します。

 日本ヒューレット・パッカードでは、HPE(ヒューレット パッカード エンタープライズ)の最新ハードウェア製品とパートナー企業の中堅・中小企業向けソリューションを組み合わせたソリューションパッケージを提供する、グローバルなパートナープログラムを展開しています。2017年9月には、データセンター事業者である沖縄クロス・ヘッド株式会社との協業により、バックアップ・ソリューションパッケージを開発、提供しています。

 今回、このグローバルなパートナーエコシステムの一環として、デジタルテクノロジー株式会社(本社:東京都荒川区、代表取締役社長:小林 浩利)、クエスト・ソフトウェア株式会社(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長:瀧口 昭彦)、新興サービス株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:福留 泰蔵)と共同で「データ安心パック」を、そして株式会社国際テクノロジーセンター(本社:東京都品川区、代表取締役:山崎 正雄)と共同で「仮想化HA自動化パック」を、それぞれ提供開始します。これらソリューションパッケージは、日本ヒューレット・パッカードのパートナーを介して、全国の販売店より中堅・中小企業のお客様に提供されます。

■「データ安心パック」概要

 「データ安心パック」は、Windows OSのファイルサーバーを簡単に保護・復旧し、機器障害やランサムウェアのダメージから守るソリューションパッケージです。

 検証済みのウルトラコンパクトなHPEのサーバー「HPE TM200」とQuest社のデータ保護ソフトウェア「Quest Software Rapid Recovery 6.1.2」を組み合わせることにより、高度な専門IT知識を持つ管理者がいなくても短時間での導入・展開、および簡単な運用を実現します。

 ソフトウェアを含むデータ安心パックのパッケージセットはデジタルテクノロジーが提供し、保守は新興サービスが窓口となって行います。

 お客様は、検証済みの「HPE TM200」とOS、本パッケージセットを購入いただくことで本ソリューションを簡単に構築できます。

 ※デジタルテクノロジー データ安心パック特設サイト

  https://www.anshin-pack.info

〈「データ安心パック」構成要素〉

 ・データ安心パックパッケージセット

  - Quest Software Rapid Recovery 6.1.2

   3年保守付きライセンス(バックアップ対象は物理サーバー3台まで)

  - 外付けUSB HDD(データ安心パック展開イメージ)

  - マニュアル(データ安心パックの構築、運用、復旧マニュアル)

  - データ安心パック保守サポート3年間

 ・ハードウェア

  - HPE TM200 x 2台

 ・OS

  - Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard

〈「データ安心パック」標準価格〉

 2,124,000円(税抜)/4TB~

 *検証済みHPE TM200とOSの構成と、パッケージセットでの標準価格

■仮想化HA自動化パック概要

 「仮想化HA自動化パック」は、国際テクノロジーセンターの「SmartHA」(自動化インストールツール)と、HPEのサーバー「HPE ProLiant DL360 Gen10」およびストレージ「HPE MSA 2050」、関連機器やソフトウェア、保守をセットにした仮想化パッケージです。

 国際テクノロジーセンターの「SmartHA」は、ホスト障害の際にも仮想マシンの稼働を最大化する機能「vShpere HA」をわずか0.5人日で簡単に設定・構築できるようにするソフトウェアです。エンジニアの構築工数を削減すると同時に、特別な専門知識がなくても冗長化したシステムの導入が可能です。今回、HPEの先進的なハードウェアと「SmartHA」がパッケージとして提供されることにより、仮想化環境の導入や運用に関わるお客様の手間とコストを大幅に軽減します。

 ※国際テクノロジーセンター 仮想化HA自動化パック特設サイト

  http://www.smartha.jp

〈「仮想化HA自動化パック」の主な構成要素〉

 ・ソフトウェア

 VMware vSphere Essentials Plus Kit

・ハードウェア

 HPE ProLiant DL360 Gen10x 2台

 HPE MSA 2050 x 1台

 SmartHA USB x 1個

〈「仮想化HA自動化パック」 参考価格〉

 ハードウェア(SmartHA USB含む) 3,821,300円(税抜)

 3年間保守287,000円(税抜)

 5年間保守455,000円(税抜)

 企業がより迅速にビジネスを変革する必要に迫られる中で、その要となるITソリューションには、誰にとっても使いやすく、また即座に効果を発揮できる利便性が求められています。複雑なプロセスやトレーニングが不要で、導入直後から容易に利用できるシンプルなソリューションがビジネスの改革を成功させる鍵となります。日本ヒューレット・パッカードは、今後もパートナーエコシステムの推進を通じてパートナーとともに成長しながら、中堅・中小企業のお客様のビジネスを積極的に支援してまいります。

 文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

 (C) 2018 Hewlett Packard Enterprise Development LP製品およびサービスに関する保証条件は製品およびサービスに付属する保証書に明示された保証条件のみによるものとし、本ニュースリリースの記載内容はいかなる追加保証をも行なうものではありません。当社は本レターの記載内容に技術上の誤り、欠落または本ニュースリリース作成にあたっての誤り、記載漏れがあった場合でも何ら責任を負わないものとします。

 

■お客様からのお問い合わせ先:

 カスタマー・インフォメーションセンター

 TEL:0120-268-186(携帯、PHS:03-5749-8279)

 ホームページ: http://www.hpe.com/jp/

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報