2019年8月25日(日)

プレスリリース

企業名|産業
日立化成素材・エネルギー

日立化成、マレーシア・ジョホール州に樹脂製品の「開発センター」を開設

2018/4/12 11:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月12日

マレーシア ジョホール州に樹脂製品の開発・評価を行う「開発センター」を開設

日立化成株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:丸山 寿、以下、日立化成)は2018年5月、マレーシアの子会社Hitachi Chemical(Johor)Sdn.Bhd.(以下、HCJH)内に、電気絶縁ワニスおよび塗料・インキ用樹脂の機能性コーティング材料の開発・評価を行う「開発センター」(以下、本センター)を開設します。本センターには、樹脂製品の配合検討を行う設備や、樹脂製品の基材への塗布性や接着性等の評価を行う装置を導入します。これにより、アジア地域のお客さまのニーズにタイムリーに対応した樹脂製品の開発が可能となります。

近年、アジア地域での樹脂製品の需要が高まっており、特に東南アジアでの電気絶縁ワニスおよび塗料・インキ用樹脂等の機能性コーティング材料の市場成長率は約5%(年率、金額ベース、当社推定)と、今後も継続的な成長が見込まれています。

これまで日立化成は、これらの樹脂製品の新製品開発や、お客さまへの技術サービスを、主に山崎事業所(茨城県日立市)および五井事業所(千葉県市原市)で行ってきましたが、アジア地域の気温や湿度に適した樹脂製品をより早く開発する等、同地域のお客さまのニーズへのよりタイムリーな対応が求められるケースが増加しています。

そこで日立化成はHCJH内に、電気絶縁ワニスおよび塗料・インキ用樹脂等の機能性コーティング材料の開発・評価を行う「開発センター」を開設することを決定しました。これにより、アジア地域のお客さまのニーズにタイムリーに対応した樹脂製品の開発が可能となるとともに、本センターで得た評価結果やお客さまのニーズ等の情報を日立化成の日本の開発拠点とも共有することで、次世代の樹脂製品の開発にも活用する予定です。

今後、日立化成はこの「開発センター」を活用し、樹脂製品のグローバルシェアの拡大を図ってまいります。

<ご参考:Hitachi Chemical(Johor)Sdn.Bhd.について>

■名称:Hitachi Chemical(Johor)Sdn.Bhd.

■所在地:マレーシア ジョホール州

■設立:1991年

■資本金:150百万マレーシアドル

■主な事業内容:配線板用感光性フィルム、機能性コーティング材料の製造、販売

※参考画像は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0477094_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。