プレスリリース

ドローンネット、「ドローン ザ ワールドクラブ」のスカイビジネス会員制サービスを展開開始

2018/4/4 14:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月4日

産業・ビジネス分野へ事業を拡大

ドローンソリューションを利用できる『会員制』サービス

「ドローン ザ ワールドクラブ」スカイビジネス会員が

4月4日(水)より展開開始

これまでになかった新しい職業も誕生!!

~日本初となるドローンの超遠隔ライブ監視&操作ナビゲートができる「ドローンスコープ」やドローン操縦を指揮する「ドローン管制士」養成講座も開始~

URL:https://drone-the-world.com

ドローン関連コンテンツの企画・開発・運営を行う株式会社ドローンネット(本社:東京都千代田区、代表者:村上一幸)は、従来エンターテイメント、サービス情報分野に注力しビジネス展開を行っていましたが、2018年4月より産業・ビジネス分野にも事業を拡大し、ドローンのビジネス活用を支援する「ドローン ザ ワールドクラブ」のスカイビジネス会員制サービスを4月4日(水)より展開開始いたします。

※参考画像は添付の関連資料を参照

今回から展開開始となる「ドローン ザ ワールドクラブ」は、ドローンビジネス活用を支援する「会員制」サービスです。

「ドローン ザ ワールドクラブ」は、現在「SKYSTOCK(スカイストック)」、「SKYCLOUD(スカイクラウド)」、「DRONE SCOPE(ドローンスコープ)」、「ドローン管制士」の4つのサービスを自由に利用することができます。また会員登録をされた方に、より満足して頂くため48の会員限定オリジナル商品&サービスを今後続々と追加していきます。

「SKYSTOCK」は、ドローン空撮素材専門の売買マーケットプレイスで、ドローンで空撮した写真や動画を販売されたい方は、いつでもスカイストックに素材として出品することができ、その販売価格を出品者は自ら設定する事ができます。「SKYCLOUD」は、ドローン操縦士に仕事を依頼したい企業と操縦士をマッチングするシステムで、簡単に日本全国のドローン操縦士に直接仕事の依頼をすることが可能です。

また、今回特に注力している世界初の展開となる「DRONE SCOPE」は、ドローン空撮現場に行かなくても遠隔地からドローン視点の映像をリアルタイムで確認でき、現場操縦のナビゲートも同時に行えるアプリケーションです。「DRONE SCOPE」を使用し、ドローン操縦士を指揮監督する、これまでになかった新しい職業「ドローン管制士」の制度も導入し、「ドローン管制士」になるための人材育成の場として教育訓練スクールも開講します。

ますます拡大していくドローン市場に向けて、今後もビジネス×ドローンソリューションで、人々の生活を豊かにしていくお手伝いをしていきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476410_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476410_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]