2018年6月25日(月)

プレスリリース

企業名|産業
ソニー電機

ソニー、4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現するアンプ「STR-DH790」などを発売

2018/4/3 14:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年4月3日

最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」(※1)対応機種を拡充

4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発売

フロントスピーカーの上に置くだけで映画館のような立体的な音響空間を構築するスピーカーも発売

 

 *ロゴ・商品画像は添付の関連資料を参照

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像(1)」を参照

 ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」と「DTS:X(R)」(※1)に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応した7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH790』を発売します。昨年発売した『STR-DN1080』に続く、全方位からの音に包まれる臨場感を実現する「ドルビーアトモス」、「DTS:X(R)」(※1)の対応機種を拡充します。

 また、同様に最新の4K HDRに対応した5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力(※2)やBluetooth(R)接続に対応したステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』、フロントスピーカーの上に置くだけで立体的な音響空間を実現するドルビーアトモスイネーブルドスピーカー『SS-CSE』も発売します。

 *表資料は添付の関連資料を参照

 『STR-DH790』は、ソニー独自の自動音場補正技術「アドバンスト D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)」や、フロントスピーカーだけでもサラウンドを再現するデジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」で、スピーカーの設置条件に合わせて臨場感のあるサラウンド環境を実現します。また、高剛性を実現した新シャーシを採用するなど、音質の向上を目指しました。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像(2)」を参照

 ※1:「ドルビーアトモス」、「DTS:X」を再生するには、ハイト/オーバーヘッドスピーカーもしくは『SS-CSE』などドルビーアトモスイネーブルドスピーカーを設置する必要があります。

 ※2:MMカートリッジ対応のフォノイコライザー内蔵。

 *以下は添付リリースを参照

 ※Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Vision、ロゴ及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。

 ※DTSの特許については下記をご覧ください。

  http://patents.dts.com

  DTS社からの実施権に基づき製造されています。DTS、シンボル、DTSおよびシンボルの組み合わせ、DTS:XおよびDTS:Xロゴは米国および他の国々で登録されたDTS社の登録商標または商標です。(C) DTS, Inc. All Rights Reserved.

 

※お客様からのお問い合わせ先:

 ソニーマーケティング(株)買い物相談窓口

 フリーダイヤル 0120-777-886/

 携帯・PHS・一部のIP 電話からは 050-3754-9555

 受付時間:月~金 9:00~18:00、土・日・祝日 9:00~17:00

 ■ソニー製品情報サイト:http://sony.jp/

 ■コンポーネントオーディオウェブサイト:http://sony.jp/audio/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ・商品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476304_01.JPG

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476304_02.JPG

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476304_04.JPG

表資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476304_03.pdf

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476304_06.pdf

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報