/

NTTデータ、「AI&IoT事業部」を設置

発表日:2018年4月2日

「AI&IoT事業部」の設置について

~AI、IoT技術を活用したお客さまビジネス実現に向けた総合的なサポート~

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、お客さまからのAI、IoT技術導入の急速なニーズの高まりに対し、サービス、ソリューションの提供をより推進していくため「AI&IoT事業部」を2018年4月1日に設置しました。

これまで、NTTデータは、AI、IoT領域における新しいサービスの開発、高度なAI、IoT技術を持つ専門事業者との業務提携、さまざまな業界のお客さまやパートナーとの先進的なAI、IoTの技術活用に取り組んできました。

このたび、お客さまへAI、IoT領域で提供できるサービス、ソリューションが本格的に整ったことから、2017年3月に設定したAI&IoTビジネス部を事業部として昇格させ、お客さまのビジネスパートナーとして、より一層中長期的な視点で事業を成長させていくとともに、エンドユーザーや社会に新たな価値を提供していきます。

NTTデータは、2020年までに、連携先グループ会社とともに、AIおよびIoT関連ビジネスの売り上げを500億円規模に拡大することを目指します。

【背景】

昨今、さまざまな業種・業界において、AI、IoT技術を最大限に活用し、デジタルトランスフォーメーションを一層加速させていくことが求められています。また、多くの企業では、導入検証に留まらず、ビジネスプロセスに組み込む検討の段階に来ています。その一方で、情報活用の目的や課題の明確化が不十分であり、導入後にビジネスに組み込んだ際の情報活用基盤の未整備、開発を進める上でのデータサイエンティストやエンジニアの人材不足の課題があります。

こうしたお客さまの課題を解決するため、NTTデータは、AI、IoTに関する上流のコンサルティングからソリューションまでを、連携先グループ会社も含め、総合的に提供できるよう事業部として組織整備をしました。

【組織概要】

※図1は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

*「AI.Studio エイアイスタジオ」は株式会社NTTデータの商標です。

*「DataRobot」は、日本国内におけるDataRobot,Inc.の登録商標です。

*「iQuattro」は株式会社NTTデータの登録商標です。

*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476193_01.png

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0476193_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン