2018年12月11日(火)

プレスリリース

イオンリテール、イオンのレジで現金を引き出せるキャッシュアウトサービスを開始

2018/3/29 17:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年3月29日

「気仙沼店の移動販売車」を含む本州の「イオン」43店舗にて実施

4/2(月)イオンのレジで現金を引き出せるキャッシュアウトサービスを開始

同時にキャッシュカードでお支払いができるJデビット決済も開始します

イオンリテール株式会社は、4月2日(月)より順次、本州の「イオン」「イオンスタイル」43店舗の一部レジにて、「J-Debit(以下、Jデビット(※1))」による決済と、レジにて少額の現金を引き出すことができる「キャッシュアウトサービス(以下、キャッシュアウト(※2)」を開始します。

また、日々のお買物に不便を感じている方々へのサポートとして運行している「イオン気仙沼店の移動販売車」でも実施します。さらに、今後は2020年2月末までに本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約400店舗へ順次導入を目指します。

*参考画像は添付の関連資料を参照

近年、電子マネーや決済対応アプリ、仮想通貨の出現など“キャッシュレス化"の流れが加速しています。一方で、郊外にお住いの方々や、過疎化や高齢化が進む地域の方々からは、「現金を使う分だけおろしたいが、身近な場所にATMが少ない」「買物をする前にわざわざATMに立ち寄ることが面倒」といった声も多く聞かれます。こうした中イオンリテールは、お客さまのさらなる利便性向上を推進するため、キャッシュカードでお支払いができる「Jデビット」決済を開始するとともに、まずは店舗のサービスカウンター(※3)や一部の移動販売車にて少額の「キャッシュアウト」にも対応することで、お買物と一緒に現金の引き出しが可能になります。

【サービス概要】

開始日:2018年4月2日(月)より順次開始(イオン気仙沼店の移動販売車は、3日より開始)

展開店舗:本州の「イオン」「イオンスタイル」「イオン気仙沼店の移動販売車」43店舗

設置台数:

 各店2~3台程度(店舗により異なります)

 ただし、「キャッシュアウト」は、サービスカウンターのレジにて受け付けます。

 「Jデビット」決済は、サービスカウンターおよび店内の一部レジにて受け付けます。

引き出し可能金額:1回あたりの取り扱い上限金額は、30,000円。1,000円単位での引き出し。

引き出し手数料:サービス開始時は「無料」

引き出し可能時間:サービスカウンターの営業時間内かつ、各キャッシュカード発行金融機関の「Jデビット」利用可能時間に準ずる

利用可能な金融機関:イオン銀行をはじめとする国内約430金融機関(2018年4月2日現在。順次拡大予定)

※詳しくは「日本デビットカード推進協議会 J-Debitナビ」(http://www.jdebit.jp)にてご確認ください。

今後もイオンリテールは、より良い商品やサービスの提供はもちろん、施設の快適さや利便性など、店舗の存在意義を地域に欠かせない公共のインフラへと高めてまいります。

※1)「Jデビット」とは、金融機関で発行されたキャッシュカードが、お買物のお支払いにそのまま利用できるサービスです。利用代金が金融機関の口座から即時に引き落とされます。

※2)「キャッシュアウト」とは、「Jデビット」の仕組みを活用し、レジで現金を引き出すことができるサービスです。

※3)サービスカウンターとは、金券の発行や贈答品の包装、その他のあらゆるご要望に対応する場所です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0475850_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0475850_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報