2019年5月20日(月)

プレスリリース

アサヒ、「ウィルキンソン・ハード無糖グレープフルーツ」を期間限定発売

2018/3/23 16:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年3月23日

~"全く甘くない"味わいのグレープフルーツフレーバーが新登場~

『ウィルキンソン・ハード無糖グレープフルーツ』新発売!

◇商品画像は添付の関連資料を参照

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、昨年6月に発売したRTD(※1)「ウィルキンソン・ハード」の第4弾として、新フレーバー<無糖グレープフルーツ>(※2)を4月24日(火)から6月末までの期間限定で、全国で発売します。

『ウィルキンソン・ハード無糖グレープフルーツ』は、『ウィルキンソン タンサン』を使用し、炭酸強めに仕上げたグレープフルーツフレーバーの「無糖」RTDです。ベース酒のジンに、グレープフルーツの果皮から柑橘の香りのみを抽出した独自製法のフルーツスピリッツ(※3)とグレープフルーツの香料を加えることで、しっかりとした飲みごたえと、ドライなグレープフルーツ味の味わいを実現しています。

パッケージは、「ウィルキンソン」のロゴと、高アルコールカテゴリーならではの飲みごたえを表現する「HARD」の文字を缶体中央に記載。缶体上部にはグレープフルーツのイラストを配しました。

「ウィルキンソン・ハード」は、40~60代男性を中心に高い支持を集める高アルコールRTDのプレーンカテゴリー市場に向けて、20~40代に認知率の高い「ウィルキンソン」ブランドから新商品を発売することで、新たなユーザー層獲得、並びに需要拡大を目指したシリーズです。

アサヒビール(株)は、「ウィルキンソン・ハード」シリーズから<無糖グレープフルーツ>を発売することで、高アルコールRTDのプレーンカテゴリー市場の需要拡大を図ります。

(※1)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。

(※2)アサヒビール(株)は、糖類と甘味料を一切使用しないことを「無糖」と定義しています。

(※3)ニッカウヰスキー(株)の特許技術により蒸溜した、フルーツスピリッツを指します。原料(果皮等)をアルコール浸漬し、浸漬酒をさらに減圧蒸溜することで、果実の甘さを残さずに、柑橘の香りのみを抽出した蒸溜酒。『ウィルキンソン・ハード無糖グレープフルーツ』では、グレープフルーツスピリッツを1種類使用しています。

【商品概要】

商品名:ウィルキンソン・ハード無糖グレープフルーツ

品目:スピリッツ(発泡性)(1)

容量:缶500ml・缶350ml

アルコール分:9%

発売日:4月24日(火)

発売地域:全国

希望小売価格:缶500ml:191円(消費税抜)

缶350ml:141円(消費税抜)

商品情報:https://www.asahibeer.co.jp/products/sour/wilkinson_rtd/

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0475196_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報