/

AOSテクノロジーズ、API取引所「APIbank.jp」を開設

発表日:2018年3月15日

探して、試して、使う 日本初のAPI取引所「APIbank.jp」を開設

~ブロックチェーン基盤のDappで新しいAPI経済圏が広がる~

AOSテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 佐々木 隆仁)は、日本初のAPI取引所「APIbank.jp」を2018年3月15日に開設いたします。(URL: https://www.apibank.jp/)

企業が持つ多くのサービスやデータをAPI(Application Programming Interface)によって外部に公開し、それらを他社が利用することによって、大きな経済圏が作られていく、250兆円規模の"APIエコノミー"の時代が始まりました。一方で、APIに関してはまだまだ情報が偏っていたり、技術的な整備がされておらず、企業や個人が使用するには不便な状況です。さらに、急速に発展するブロックチェーン技術により、従来のアプリケーションをブロックチェーンベースで構築していく分散型のアプリケーション、Dapp(Decentralized application)へのシフトが急速に進んでいますが、多くの開発者は、Dappの開発を行うために必要なAPIの入手やDappの開発ノウハウなどが不足しているという状況です。APIbankは、世界中にあるAPIをまとめて取引できる日本初のAPI取引所です。さらに、最先端のブロックチェーン技術を活用するためのAPIを提供し、Dappの開発支援を行います。開発されたDappのAPIをさらにAPIbankに登録していくことで、Dappの経済圏を広げていくことができます。APIbankを利用することでソフト会社や開発者のソフトウェア開発効率を向上させて、世界中で使われるアプリ開発を支援いたします。

■API取引所とは

APIを使って欲しい企業・提供者・ソフト会社とAPI開発者・ビジネス企画者を繋げる流通プラットフォームです。世界に点在している様々な優良APIをカテゴリ別に分類し、取引所で一括して扱うことで、個別にソフト会社とAPI開発者がやり取りをせずに、利用することができます。更に、開発されたアプリのAPIをAPIbankに登録していくことで、新たなAPIを「探して、試して、使ってみる」ことが容易になり、APIの取引が活性化されます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474399_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474399_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン