2018年9月21日(金)

プレスリリース

三谷産業と東洋ビジネスエンジニアリング、資本業務提携に関する契約を締結

2018/3/14 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年3月14日

三谷産業東洋ビジネスエンジニアリング

資本業務提携に関する契約を締結

 

 三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:三谷 忠照、以下「三谷産業」)と東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:大澤 正典、以下「BEN-G」)は、この度、資本業務提携を行うことで合意いたしましたので、お知らせいたします。

 三谷産業は、本日付で、当社株式744,000株(発行済株式総数の12.4%)を取得します。

 三谷産業グループは、情報システム事業を含む多岐にわたる事業セグメントを有する総合商社です。情報システム事業では、「POWER EGG」を始めとするオリジナルパッケージ製品を開発し、製造業・金融業を始めとした多様な業界や自治体への豊富な導入実績を有しています。

 一方、B-EN-Gは、製造業向けの基幹業務システム(ERP)を中心に、サプライチェーン、クラウド、IoT関連システムの構築・導入サービスを事業の柱として、「mcframe」を始めとする自社開発ソフトウェア製品の開発と販売、およびITソリューションの提供で豊富な実績があります。

 今般の資本業務提携により、両社は技術面および営業面での協力体制を構築します。

 技術面では、三谷産業のグループウェアとワークフローを一体化した統合ビジネスポータル「POWER EGG」とB-EN-Gの「mcframe」との連携など、互いのオリジナル製品の強みを活かしたシステム製品力の向上を通じてソリューションの提案機会拡大と訴求力向上を目指します。

 営業面では、互いの顧客ベースを活かした顧客開拓を共同で推進するとともに、海外向けのシステム導入ビジネスでは特に三谷産業のベトナム拠点に対するサポート強化を通じたビジネス拡大を図り、両社を合わせたASEAN地域向けサービスの向上とプレゼンス向上を目指します。

 ※ご参考は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ご参考

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474322_01.pdf

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報