2018年6月20日(水)

プレスリリース

ニチレイフレッシュ、岩手県で国産鶏肉「オメガバランスチキン」を生産開始

2018/3/14 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年3月14日

岩手県における国産鶏肉「オメガバランスチキン(R)」の生産開始について

 

 株式会社ニチレイフレッシュ(代表取締役社長:金子義史/本社:東京都中央区築地)の子会社である株式会社ニチレイフレッシュファーム(代表取締役社長:磯貝誠一/本社・岩手県九戸郡洋野町)は、岩手県九戸郡洋野町に新たな養鶏農場を建設し、国産鶏肉「オメガバランスチキン(R)」生産のための養鶏を2018年3月16日より開始いたします。

 「オメガバランスチキン(R)」は、α‐リノレン酸を多く含む亜麻仁油を配合した飼料で鶏を飼育することで脂肪組織中のオメガ6系脂肪酸に対するオメガ3系脂肪酸の比率を高めた、ニチレイフレッシュが独自に開発した鶏肉です。

 ニチレイフレッシュでは、10年以上前から亜麻仁に含まれるオメガ3系脂肪酸に注目し、2005年には「オメガバランスポーク(R)」を開発いたしました。鶏肉では、2017年にタイで「オメガバランスチキン(R)」の開発に成功・調達しておりましたが、このたび国内で生産・供給できる体制を構築いたしました。

 新たに建設する養鶏農場は有家(うげ)農場という名称で、4月下旬から年間43万羽の出荷をしていく予定です。

<ニチレイフレッシュの養鶏事業について>

 ニチレイグループのニチレイフレッシュは、水産事業と畜産事業を手掛けており、品種や飼育方法などで差別化を図った素材品(こだわり素材)の開発に注力しています。2007年にはニチレイフレッシュファームを設立し、純国産鶏種の「純和鶏」の養鶏事業を開始しました。既存の洋野農場では、年間140万羽の「純和鶏」を飼育・出荷しております。

 出荷された鶏は、同じくニチレイフレッシュの子会社である株式会社フレッシュチキン軽米(代表取締役社長:磯貝誠一/本社:岩手県九戸郡軽米町)が鶏肉へと加工し、ニチレイフレッシュが小売店などに販売しております。

 今回の有家農場の新設により、自社養鶏による生産・調達をさらに拡大し、国産チキンの事業基盤をさらに強化してまいります。

 ※参考図は添付の関連資料を参照

【参考資料】

<ニチレイフレッシュの概要>

 社名:株式会社ニチレイフレッシュ

 本社:東京都中央区築地6-19-20

 設立年月:2005年1月

 代表者:代表取締役社長 金子義史

 資本金:80億円

 事業内容:水産事業および畜産事業

 従業員数:855名(2017年3月31日現在)

<ニチレイフレッシュファームの概要>

 社名:株式会社ニチレイフレッシュファーム

 本社:岩手県九戸郡洋野町種市73-142-47

 設立年月:2007年5月

 代表者:代表取締役社長 磯貝誠一

 資本金:1億円

 事業内容:養鶏事業

 従業員数:20名(2017年3月31日現在)

<フレッシュチキン軽米の概要>

 社名:株式会社フレッシュチキン軽米

 本社:岩手県九戸郡軽米町大字円子2-276-31

 設立年月:2012年2月

 代表者:代表取締役社長 磯貝誠一

 資本金:1億円

 事業内容:鶏肉の加工処理事業

 従業員数:113名(2017年3月31日現在)

<純和鶏に関する補足資料>

 ・2007年10月22日発表のプレスリリース

  http://www.nichirei.co.jp/news/2007/143.html

 ・ニチレイフレッシュウェブサイトでの紹介ページ

  http://www.nichireifresh.co.jp/project/raise/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考図

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474316_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報