2018年12月14日(金)

プレスリリース

企業名|産業
楽天商社・サービス

楽天技術研究所とマリタイム・ロボティクス社、無人貨物船についての共同研究実施に合意

2018/3/13 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年3月13日

楽天技術研究所とマリタイム・ロボティクス社、無人貨物船についての共同研究実施に合意

―物流問題の解決策としてUSV技術を探究―

楽天グループの研究開発機関である楽天技術研究所(本社:東京都世田谷区、代表:森 正弥、以下「RIT」)と革新的な無人船舶運航ソリューションの主要プロバイダーであるマリタイム・ロボティクス社(本社:ノルウェー トロンヘイム、代表:ヴェーガル ホーヴスタイン)は、本日、無人貨物船と関連技術の共同研究を実施することに合意しました。

本合意に基づき、RITはコンピュータビジョンと物体認識、意思決定AI、物流最適化に、マリタイム・ロボティクス社は制御・センサーシステム、通信・制御室システムに、それぞれ重点を置いて取り組みます。

RITの代表、森 正弥は、次のように述べています。「無人水上艇(以下、「USV」)技術は、物流チェーンの概念を大きく変革することが期待されます。海上物流の持つ可能性を探るうえで、無人水上艇の技術・応用分野の先駆者であるマリタイム・ロボティクス社と共同で研究できることを大変嬉しく思っています」

マリタイム・ロボティクス社の代表、ヴェーガル ホーヴスタイン氏は、次のように述べています。「マリタイム・ロボティクス社は過去10年間、USVの技術とアプリケーションに関する研究・開発を推進している、数少ない国際的なパイオニア企業の1つです。ロボット工学と制御工学を中核技術とする私たちは、長い間、これらの技術がもつ自律輸送への応用可能性を追求してきました。実現に向けて、楽天のようなグローバルプレーヤーと提携を結ぶことができ、とても嬉しく思います」

現在の物流網はトラックによる陸上輸送が中心です。トラック輸送は、膨大な人手と、道路、トンネル、橋梁、ガソリンスタンドなど、トラック輸送のためのインフラへの大規模投資を必要とします。また、トラック輸送は環境汚染と渋滞の原因にもなります。今回の共同研究では、こうした問題の解決策としてUSVの利用の可能性を探求します。

USVは、陸上輸送に比べて最高速度は劣りますが、航行の自由と自律性によって継続的な運航が実現し、運航コストの削減と効率化が期待できます。また、トラック輸送ほどのインフラ投資を必要とせず、現状の港湾やドック、その他の既存の海上インフラを利用しての運用が可能です。操作においては、コンピュータビジョンと遠隔制御技術を活用することで、オペレーターは、より正確に状況を認識・把握でき、さらにAIによる制御支援によって人間の関与を減らすことで、人的事故のリスクの低減と、オペレーターの仕事量の軽減も実現できます。また、船舶はトラックより稼動寿命が長いため、物流チェーンの効率性が向上します。

RITとマリタイム・ロボティクス社は、USVと同技術を活用した運搬・輸送の研究に努め、より良い物流のあり方を探求してまいります。

※参考画像は添付の関連資料を参照

【マリタイム・ロボティクス社について】

マリタイム・ロボティクス社は、過酷な環境下での海運業務に革新的な無人技術ソリューションを提供するリーディングカンパニーです。2005年にノルウェーのトロンヘイムに設立されたマリタイム・ロボティクス社は、各種提携先向けに、無人運転技術を開発してきました。高品質のシステムとコスト効率のよいソリューションに焦点を当て、マリタイム・ロボティクス社は無人の航空機および海上車両の世界的なリーダーとなっています。マリタイム・ロボティクス社はノルウェーの3カ所にオフィスを構えています。詳細情報: https://maritimerobotics.com

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474190_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報