2019年7月17日(水)

プレスリリース

レオパレス21、賃貸物件でLPWAによるスマートロック制御のテストベッドを構築

2018/3/13 14:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年3月13日

当社賃貸物件で業界初の LPWA によるスマートロック制御のテストベッドを構築

株式会社レオパレス 21(本社:東京都中野区、代表取締役社長:深山 英世、以下 レオパレス21)とナシュア・ソリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中村 康彦)、平河ヒューテック株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:篠 祐一)、株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:鎌田 信夫)、株式会社計電産業(本社:東京都文京区 代表取締役社長:酒井 信世)、NTT コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:庄司 哲也)は、レオパレス 21 が首都圏地域に展開している自社賃貸物件を対象に、LPWA(Low Power Wide Area)の無線通信技術「LoRa」と広域対応 IoT 向けメッシュネットワークプラットフォームを使用したテストベッドを共同で整備し、業界初の「LPWA によるスマートロック制御」をフィールドで検証する取り組みを開始します。

これにより、スマートロックをはじめとした IoT機器のみならず、賃貸物件を中心にIoTを活用する各種サービス等への応用可能性を模索し、展開を図っていきます。

首都圏の住宅密集地域である東京都大田区・品川区と郊外地域である草加市という環境条件の異なる 2 地域の当社物件 8 棟(大田区・品川区 4 棟、草加市 4 棟)を対象に、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の研究成果である「NerveNet」をベースとした独自セキュリティ機構と LPWA の双方向通信技術を融合させた世界初の IoT 向け広域対応メッシュネットワークプラットフォームにより、業界初となる LoRa によるスマートロック制御と IoT 向け広域通信技術のフィールド検証を行います。通信には、LoRa、WiFi を組み合わせた GW 基地局を使用し、開発を進めている LoRa 対応スマートロックのフィールドにおける機器制御・運用の検証をはじめ、全国展開を視野に入れた、環境条件に応じた導入パターンの検討・検証等も行っていきます。

※LPWA(Low Power,Wide Area)とは、少ない消費電力で、広いエリアをカバーできる IoT 向けの通信に用いられている無線通信方式の一つです。

【テストベッドイメージ図】

※運用方法を含めて特許申請中

*参考画像は添付の関連資料を参照

※基地局間リンクには、LoRa(5km~10km 程度)、WiFi(2km 程度)を使用します

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474145_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474145_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。