/

東京建物、西新エリアの新たなランドマーク「Brillia Tower 西新」を着工

発表日:2018年3月12日

西新エリアの新たなランドマーク

九州初の地下鉄駅直結・免震タワーレジデンス

「Brillia Tower 西新」着工

商業施設は2019年秋に開業予定

東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村 均)は、福岡県福岡市早良区の西新エルモールプラリバ跡地において、既存建物である商業施設を減築し、高層住宅を増築する複合開発プロジェクト「西新リボーンプロジェクト」の高層住宅の名称を「Brillia(ブリリア)Tower 西新」に決定し、着工しましたので、お知らせします。また、本プロジェクトの計画地内の商業施設の開業が2019年秋(予定)に決まりましたので、併せてお知らせします。

「Brillia Tower 西新」は、西新エルモールプラリバ跡地に新たに誕生する九州初の地下鉄駅直結の免震タワーレジデンスとなります。地下2階の「西新」駅コンコースから接続するエレベーターで地上7階のエントランスホールを経て、地上8階以上の住戸までダイレクトにアプローチできることから、「天神」「博多」の各駅や「福岡空港」駅を経由し羽田空港や東京都心部まで傘を必要としないアクセスが可能です。また、当該エレベーターは、地上部への出入り口も兼ねており、「西新」駅のバリアフリー動線の更なる拡充に寄与し、地域の利便性を高めます。

建物は、地上2階から6階部分に住宅専用の自走式の屋内駐車場を整備し、その上部の住宅部分との間に免震装置を設置した中間層免震構造です。地上6階部分までの制振構造と併せ地震発生時の揺れを低減することで、建物全体の安全性を高めています。最上階の地上38階(地上約126m)には居住者専用の共用部として、ビューラウンジやゲストルームを設け、百地浜から玄界灘、大濠公園を見下ろす眺望を楽しむことが可能です。(参考:福岡タワー展望室 地上約123m)

今後、2018年夏にゲストサロンを公開し、秋から販売開始を予定しています。

本プロジェクトの計画地内の商業施設(名称未定)は、2019年秋の開業を予定しています。地下2階の「西新」駅コンコースから商業施設を通じて地上への動線を拡充することおよび地下2階の食品スーパーをはじめ、食関連、生活関連のテナントを誘致することで、「西新」駅を利用される皆様の利便性を充実させるとともに、屋上には広場を新設し、地域の憩いの空間を提供します。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474082_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0474082_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン