プレスリリース

企業名|産業
ウシオ電機電機

京都府立医大とプロトセラ、早期大腸がんの新規血清スクリーニングマーカーを発見

2018/3/8 15:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年3月8日

早期大腸がんの新規血清スクリーニングマーカーを発見

―新規解析手法で同定した早期大腸癌血清マーカーの検証研究に関する研究論文の掲載-

【研究の概要】

京都府公立大学法人京都府立医科大学(所在地:京都市、学長 竹中 洋、以下 京都府立医大)大学院医学研究科消化器内科学の内藤裕二准教授、内山和彦講師らの研究グループとウシオ電機株式会社(本社:東京都、代表取締役社長 浜島健爾)の連結子会社である株式会社プロトセラ(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役社長 田中憲次、以下 プロトセラ)のグループは共同で、プロトセラが特許を保有する新しい質量分析法(BLOTCHIP(R)-MS法)によって発見された5種類のペプチドが、早期大腸がんの血清スクリーニング検査に有用であることを明らかにしました。

5種類のペプチドの組み合わせをリスクインデックスとして算出し、大腸がんの各ステージの患者で比較したところ、ステージ1、2といった手術で根治可能な段階の大腸がん患者でも血清中のリスクインデックスは健常者と比べて上昇していることがわかりました。

本研究手法を用いたスクリーニング検査をおこなうことで、大腸がんを根治可能な早い段階で診断することが可能となり、大腸がんによる死亡率が今後大幅に減少する可能性があると考えられます。本研究成果は、日本時間2018年3月1日Journal Gastroenterology誌のオンライン版で発表されました。

【論文名】

Selected reaction monitoring for colorectal cancer diagnosis using a set of five-serum peptides identified by BLOTCHIP(R)-MS analysis.

[日本語:5種類の血清ペプチドを用いた選択反応モニタリングによる大腸がん診断]

【掲載雑誌】

J Gastroenterol[2018年3月1日(木)オンライン掲載

・参考

URL:https://link.springer.com/article/10.1007/s00535-018-1448-0?wt_mc=Internal.Event.1.SEM.ArticleAuthorOnlineFirst

【論文著者】

Uchiyama K,Naito Y,Yagi N,Mizushima K,Higashimura Y,Hirai Y,Dohi O,Okayama T,Yoshida N,Katada K,Kamada K,Handa O,Ishikawa T,Takagi T,Konishi H,Nonaka D,Asada K,Lyang-Ja Lee,Tanaka K,Kuriu Y,Nakanishi M,Otsuji E and Itoh Y

※以下は添付リリースを参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0473799_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]