2019年9月16日(月)

プレスリリース

企業名|産業
イーソル商社・サービス

イーソル、中国・韓国・台湾で普及するQRコード決済システムに対応リンクトラスト・ペイ製マルチ決済サービスの取扱いを開始

2018/3/6 11:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年3月6日

イーソル、中国・韓国・台湾の3ヶ国(地域)で普及するQRコード決済システムに対応した国内初のリンクトラスト・ペイ製マルチ決済サービスの取扱いを開始

~訪日観光客向け決済サービスのキャッシュレス化の推進に向け、加盟店を募集~

◇参考画像は添付の関連資料を参照

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)とリンクトラスト・ペイ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:林 挺然、以下リンクトラスト・ペイ)は、イーソルがリンクトラスト・ペイの中国、韓国、台湾の3ヶ国(地域)向け電子マネー決済サービス(以下、本サービス)の代理店になることで合意したことを発表します。本サービスは、各社のQRコード(R)決済システムを使った決済を、1台の端末で同時に利用できる国内初の電子マネー決済サービスです。タブレット端末向けアプリに加え、既存POSシステムとの連携を可能にするエンジニアリングサービスの提供を行います。

イーソルが出展する「リテールテックJAPAN 2018(第34回流通情報システム総合展)」(会期:2018年3月6日(火)~9日(金)、会場:東京ビッグサイト 東展示棟)のイーソルブース(ブースNo.RT1516)にて、本サービスの概要についてデモを交えて展示します。

2017年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017-Society 5.0の実現に向けた改革―」(※)では、Society 5.0に向けた戦略分野のひとつとしてFinTech(ファイナンス・テクノロジー)の推進が掲げられています。その具体的施策として「キャッシュレス化の推進、消費データの共有・利活用等」に向けた取り組みの加速と、「今後10年間(2027年6月まで)に、キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とすることを目指す」という指標が挙げられています。

本サービスは、中国、韓国、台湾の3ヶ国(地域)のQRコード決済システムを1台の端末で同時に利用できる、国内では初めての電子マネー決済サービスです。既に対応済みの中国向け決済サービスの提供を本日より開始し、韓国、台湾向けサービスについては3月下旬より順次リリース予定です。加盟店になることにより本サービスを利用できます。iOS搭載タブレット端末専用のアプリに加え、POSシステムとの連携を可能にするエンジニアリングサービスを提供するため、既存POSシステムを活用した販売管理を容易に行えます。現地銀行の為替レートと連動しており、ユーザによる現地通貨と日本円のレート計算は不要です。今後iPadやiPhoneなどのiOS搭載タブレット端末に加え、イーソルが取り扱っている各社製ハンディターミナルへも順次対応していく予定です。

※2017年6月9日閣議決定 <https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/miraitousi2017_t.pdf

◇以下は添付リリースを参照

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0473463_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0473463_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。