2019年3月19日(火)

プレスリリース

企業名|産業
NEC電機
企業名|産業
オリンパス機械
企業名|産業
鹿島建設・不動産

鹿島・NEC・オリンパス、ステレオカメラを活用したコンクリート構造物の自動配筋検査システムを開発

2018/2/28 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年2月28日

ステレオカメラを活用して配筋検査の大幅な省力化を実現!

~鉄筋の径、間隔、本数を自動で計測、ヒューマンエラーを排除~

鹿島(社長:押味至一)は、日本電気株式会社(社長:新野隆)、オリンパス株式会社(社長:笹宏行)と共同で、ステレオカメラ(※1)とタブレット端末を連動させたコンクリート構造物の自動配筋検査システム(特許出願済み)を開発しました。配筋した検査対象をステレオカメラで撮影するだけで、鉄筋径、間隔、本数の自動計測が瞬時にでき、また検査前の準備作業も不要にします。

本システムを活用することにより、配筋検査の大幅な省力化を実現するとともに、ヒューマンエラーの無い、確実な検査を行うことができます。

※1 立体写真撮影用のカメラ。対象物を異なる方向から同時に撮影することにより、その奥行き方向の情報も記録できる

*参考画像は添付の関連資料「参考画像(1)」を参照

■開発の背景

コンクリート構造物における配筋検査は、施工を進める上で重要な位置づけにあるものの、その検査にあたっては事前の準備から検査後の報告書の作成まで、多くの時間と手間を要していました。特に、鉄筋径を区別するマーキングや、鉄筋の間隔を示すスケールスタッフの設置など、検査前の準備作業には多くの手間がかかっており、省力化が強く望まれていました。

そこで、ステレオカメラと高度な画像処理技術を用いた自動配筋検査システムを開発、鹿島技術研究所における基礎的な計測精度実験と土木現場での適用実験を経て、その実用性を確認しました。

*参考画像は添付の関連資料「参考画像(2)」を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0472887_01.JPG

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0472887_02.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0472887_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報