プレスリリース

野村不動産、都市型複合施設「恵比寿 旧国家公務員宿舎跡地 再開発プロジェクト」工事に着工

2018/2/22 16:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年2月22日

『恵比寿 旧国家公務員宿舎跡地 再開発プロジェクト』着工

~社会の抱える課題に対応する都市型複合施設、分譲住宅・ホテル・介護施設・保育施設を導入~

野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:宮嶋 誠一)は、渋谷区恵比寿南三丁目の国家公務員宿舎原町住宅跡地で計画している複合施設の新築工事を着工いたしましたので、お知らせいたします。当事業は、「2020年に開催される国際競技大会時等の観光客の増加に伴い不足する都市部の宿泊施設の整備」と「高齢者・子育て支援施設整備」という国の定める条件を満たして選定された事業です。

JR「恵比寿」駅徒歩5分・東京メトロ「恵比寿」駅徒歩3分という希少な立地において、宿泊・高齢者・保育施設不足といった都市部の社会課題を解決するため、分譲住宅にホテル・介護施設(デイサービス)・保育施設を併設し、多様な人々が共生する新たな都市型複合施設が誕生いたします。当社では、今後も「未来あしたにつながる街づくり」と「豊かな時を人びとと共に育む」事業を推進してまいります。

※参考画像は添付の関連資料を参照

1.開発背景

観光庁が発表した2017年の訪日外国人旅行者数は2,869万人となり、2012年からの直近5年間で3倍以上に増加しており、毎年増加するインバウンド需要に対しホテルの供給数が不足している状況です。また、高齢者の増加や共働き世帯の増加は深刻な状況にあり、都市部における高齢者向けサービス需要への対応、および保育施設不足による待機児童の早期解消が強く求められております。このような背景から、社会的要請に応える都市型の複合施設を、新たに開発する運びになりました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0472383_01.jpg

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0472383_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]