プレスリリース

理研と九大、「光親和性標識法」に利用可能な新たな分子ツールとして2-チエニル置換型α-ケトアミド構造を開発

2018/2/22 14:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年2月22日

光親和性標識法の新たな分子ツール

-疎水性が低くコンパクトな光反応性基-

■要旨

理化学研究所(理研)袖岡有機合成化学研究室の平井剛客員研究員(九州大学大学院薬学研究院教授)、太田英介特別研究員(研究当時)、袖岡幹子主任研究員(環境資源科学研究センター グループディレクター)らの共同研究グループ(※)は、薬剤(生物活性分子)の結合タンパク質[1]同定手法の一つである「光親…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]