2019年6月17日(月)

プレスリリース

企業名|産業
三菱電機電機

三菱電機、「空調用送風機 ストレートシロッコファン」を発売

2018/2/22 12:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年2月22日

消音形全機種で製品本体から発生する騒音35dB以下を実現

三菱「空調用送風機 ストレートシロッコファン」新製品発売のお知らせ

三菱電機株式会社は、空調用送風機「ストレートシロッコファン」の新製品として、製品本体から発生する騒音(以下側面騒音)を35dB(※1)以下に低減した「消音形」17機種と「標準形」17機種を4月23日に発売します。両機種ともに「ハイブリッドナノコーティング・プラス」の採用により、ファンの清掃回数削減と長期使用による換気風量の低下や運転音の増大を抑制しました。

※1 図書館の中(40dB)より低騒音(出典:家庭電気製造業における表示に関する公正競争規約)

*製品画像は添付の関連資料を参照

■新製品の特長

1.「二重壁消音ボックス構造」などにより消音形全機種で側面騒音35dB以下を実現

 ・グラスウールの配置や風路の見直しなどにより、全17機種で側面騒音35dB以下を実現

 ・運転音が比較的大きい定格風量1500m3/h以上の4機種には、新開発の「二重壁消音ボックス構造」を採用し、側面騒音を低減

 ・側面騒音を35dB以下に抑えることで、CASBEE(R)(※2)建築(新築)の「Q1.1.1室内騒音レベル」において、レベル5の評価取得に貢献(※3)

※2 建築物の環境性能を評価し格付けするもので、省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮はもとより、室内の快適性などへの配慮も含めた建築物の性能を総合的に判断する評価システム

※3 レベル5相当を実現するためには、一部の機種で吸込騒音を抑えるため、市販のダクトサイレンサーや消音チャンバー、消音エルボなどが必要です。また、騒音レベルは外部騒音(交通騒音など)と設備騒音(空調用送風機を含む設備機器全般の騒音)で決定されることから、本製品を用いてもレベル5相当の評価基準を満たさない場合があります。

2.「ハイブリッドナノコーティング・プラス」で、省メンテナンスを実現

 ・防汚性能に優れた「ハイブリッドナノコーティング・プラス」をファンに採用

 ・汚れ付着量を約10分の1(※4)に低減し、ファンの清掃回数削減により省メンテナンスを実現

 ・長期使用による換気風量の低下や運転音の増大を抑制

※4 プラスチック製試験片を用いた当社基準による汚れ吹付け試験において

3.軸受けの耐久性向上で、モーターの交換頻度を削減

 ・モーター軸受けに高温耐久性の高いウレアグリースを採用し、設計寿命3倍(※5)を実現

 ・シリコーングリース使用時と比較してモーターの交換頻度を削減

※5 シリコーングリース使用時の設計寿命1万時間に対して、ウレアグリース使用時は3万時間

 (40℃連続運転時。但し保証値ではありません)

*以下は添付リリースを参照

■商標関連

「CASBEE(R)」は、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構の登録商標です。当社は、使用許諾に基づき使用しています。

■特許

出願中 2件

◆お客様からのお問い合わせ先

三菱電機株式会社

中津川製作所 営業部 冷熱・機器営業課

〒508-8666 岐阜県中津川市駒場町 1番3号

TEL 0573-66-8217

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0472288_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0472288_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報