/

小田急エージェンシーと電算システム、新宿駅のデジタルサイネージ実証実験を共同で開始

発表日:2018年2月19日

小田急エージェンシー、電算システムが新宿駅のデジタルサイネージ実証実験を共同でスタート

株式会社 小田急エージェンシー(本社:東京都新宿区、取締役社長:高成田 潔、以下「小田急エージェンシー」)と株式会社電算システム(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役社長執行役員COO:田中 靖哲、以下「電算システム」)は、新宿駅西口のコンコースで電算システムのクラウド型デジタルサイネージ「StratosMedia(ストラタスメディア)」を利用した実証実験を本日より開始いたします。

今回の実験は、新宿駅西口の柱の1面に新たに実験用ディスプレイを設置し、新宿の位置情報と天候をもとに、広告表示内容を切り替えることによる広告効果測定と、今まで実現できなかったYouTube(TM)の再生機能を検証するものです。

これらの実験を踏まえ、小田急エージェンシーでは、時間帯で切り替えるだけではないデータドリヴン型広告の採用を目指し、様々な情報を「きっかけ」としてコンテンツ内容を変化させ、広告主がその時・場所で本当に発信したい広告、さらにはその変化を駅利用者が楽しめるような広告とは何かを検証し、将来的には「年齢」や「性別」などのプロファイルからオーディエンスターゲティングの配信実験なども見据えています。

駅を利用する人々のプロファイルと様々な「きっかけ」を掛け合わせ、単純に放映するだけにとどまらない"新しい広告媒体の可能性"を模索し、広告主・駅利用者が双方向でつながることができるような広告媒体を目指して、これからも活動してまいります。

なお、本実験の詳細は下記のとおりです。

1.実験概要

・実施日:2018年2月19日(月)~3月18日(日)

・場所:新宿駅西口(新宿駅西口の柱の1面を使用)

・内容:

 気象情報によるコンテンツの自動切換え

 地域の気象情報

 コンテンツのオンデマンド配信

※以下は添付リリースを参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471830_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン