2018年2月19日(月)

プレスリリース

企業名|産業
ブリヂストン自動車

ブリヂストン、グアユールの商用化に向け米国子会社とVersalis社が提携

2018/2/13 17:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年2月13日

グアユールの商用化に向けブリヂストン米国子会社とVersalis社が提携

 

 株式会社ブリヂストンの米国子会社ブリヂストン アメリカス・インク(以下、BSA)と、持続可能な環境に貢献する技術開発に取り組んでいるイタリアのVersalis(ベルサリス)社は、17年12月にグアユール(※1)の商用化に向け戦略的な提携を開始しました。

 この提携は、BSAのグアユール農業技術・加工プロセス技術における強みと、Versalis社の持つ商用化に向けたプロセス構築や市場開拓に関するノウハウを結びつけるものです。両社は共同で、グアユールの商用化に向けた研究開発を推進します。具体的には、最新の遺伝子技術を駆使してより生産性の高いグアユール品種の開発を目指します。また本提携を通して、グアユールの加工技術がアリゾナ州メサ市の当社グループ研究施設「Biorubber Process Research Center(BPRC)」で最適化されることで、グアユール由来の天然ゴムの品質改善・収穫量増加を実現できると考えています。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 当社グループは、グローバルCSR体系である「Our Way to Serve」に基づき、持続可能な調達を推進するための、新たな調達ポリシー(※2)を2018年2月に策定しました。本ポリシーは2050年を見据えた環境中期目標として掲げる「100%サステナブルマテリアル化」(※3)の達成に貢献するもので、今回のVersalis社との提携もこの環境中期目標の実現に向けた取り組みの一環となります。

 当社グループはこれからも、世界最大のタイヤ会社・ゴム会社として、一人ひとりのもつ様々なニーズに応えながらも、地球の自浄能力・扶養力とバランスのとれた事業運営に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 ※1 「グアユール」とは、その組織の中にゴム成分を含む米国南西部からメキシコ北部の乾燥地帯が原産の低木です。

 ※2 「持続可能な調達」の更なる推進を目指し、新たな調達ポリシーを策定(2018年2月6日ニュースリリース)

 ※3 当社では「継続的に利用可能な資源から得られ、事業として長期的に成立し、原材料調達から廃棄に至るライフサイクル全体で環境・社会面への影響が小さい原材料」をサステナブルマテリアルと位置付けています。

■関連リンク:

 テクノロジー&イノベーション:ブリヂストンの天然ゴム資源への取組み

  https://www.bridgestone.co.jp/technology_innovation/natural_rubber/

以上

 

●本件に関するお問い合わせ先

 <お客様>

 お客様相談室

 TEL:0120-39-2936

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471329_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報