/

東北大、結晶の特定の方向に力を加えることで新たな超伝導相が現われることを解明

発表日:2018年1月30日

フォースで目覚める超伝導

~磁場誘起超伝導を力で制御~

【発表のポイント】

●強磁性(※1)と超伝導(※2)が共存するウラン化合物URhGeでは、ある特定の磁場で超伝導が誘起されることが知られていたが、そのメカニズムや制御方法は分かっていなかった。

●結晶の特定の方向に力を加えることで、新たな超伝導相が現われることがわかった。

●超伝導の源である強磁性の「ゆらぎ」が力によって制御できたことを意味し、新しいアプローチによる超伝導探索や新奇量子相探索につながる。

【概要】

東北大学金属材料研究所の青木大教授は、CEA-Grenoble(フランス原子力庁)の研究員ダニエル・ブレイスウェイト(Daniel Braithwaite)氏らとともに、ウラン化合物強磁性体URhGeに力(歪み)を加えることによって、磁場誘起超伝導から新たな超伝導相を生み出すことに成功しました。

これは、超伝導の源となっている強磁性「ゆらぎ」を力によって制御できたことを意味しており、これまでとは異なる新たな超伝導研究のアプローチです。

今後、歪みを積極的に用いた新超伝導体の発見や新奇量子相の発見につながるものと期待されます。本研究の成果は、2018年1月17日付「Physical Review Letters」に発表されました。

*参考資料は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469870_01.JPG

添付リリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0469870_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン