2018年8月14日(火)

プレスリリース

サイバー・コミュニケーションズ、広告配信プラットフォーム「BEYOND X」がIAB Tech Labの監査認定を取得

2018/1/25 13:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2018年1月25日

CCIの広告配信プラットフォーム「BEYOND X」が

「IAB Tech Lab Measurement Compliance Program」の認定を世界で初めて取得

 

 株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下 CCI)は、このたび、The IAB Technology Laboratory(本拠地:米国ニューヨーク州、ゼネラルマネージャー:デニス・バッカイム、以下 IAB Tech Lab)が提供する、デジタル広告企業向け測定手法の業界標準への適合を監査する「IAB Tech Lab Measurement Compliance Program」の認定を、グローバルで最初の企業として取得いたしました。

 「IAB Tech Lab Measurement Compliance Program」は、IABが拠点を置く43ヶ国を中心に、米国以外に本拠地を置く企業を対象とし、モバイルやデスクトップのウェブ広告・モバイルアプリ広告・デジタル動画広告・リッチメディア広告等の、インプレッション計測・クリック計測・ビューアブルインプレッション計測について、各種IABガイドラインへの準拠を監査するもので、本プログラムの認定取得は、急速に拡がるグローバルレベルでのデジタルマーケティング指標への準拠対応につながります。

 日本国内を含めた世界中のデジタル広告市場において、アドフラウド・ブランドセーフティ・ビューアビリティ等への課題が注目を浴びつつある中、CCIは、それらの課題解決に向けた、信頼性の高い計測手法や、技術的手法の確立に日々取り組んでおります。

 このたび、CCIが提供する広告配信プラットフォーム「BEYOND X(ビヨンド エックス)」において、IAB Tech Labの監査員による、デスクトップ・モバイルWebのインプレッションやクリック計測等の様々なカテゴリーの検証を経て、本認定取得に至りました。

 今後は「BEYOND X PMP」を通じ、本認定基準に準じた各種広告効果レポートを、広告会社および広告主に提供してまいります。

 IAB Tech Labのゼネラルマネージャーであるデニス・バッカイム氏は、今回の認定取得に対し、次のように述べています。

 「このIAB Tech Lab Measurement Compliance Programは、デジタル広告の透明性の向上および広告測定基準の標準化において、国際的に重大な役割を担ってまいります。CCIが本プログラムの認定を最初に取得したことを、喜ばしく思います。将来的に数多くの企業がこれに追従するでしょう」

 CCIは、今後もデジタル広告市場のより健全な発展のために取り組んでまいります。

以上

<IAB Tech Labについて>

 IAB Technology Laboratoryは、2014年に設立、米国ニューヨークに本拠地、サンフランシスコに支局を持つ、グローバルな広告業界標準の確立および各社への導入支援を目的とした独立系研究・開発コンソーシアムです。当該組織の創設企業には、AppNexus、Google、Hearst Magazines Digital Media、PubMatic、Tremor Video、Yahoo、Yahoo! JAPANなどをはじめとした、媒体社、アドテクノロジー企業、マーケター、広告会社およびその他デジタルマーケティング分野に関心があるグローバル企業で構成され、安全性の高い市場の成長に貢献しつつ、デジタル広告並びにマーケティングサプライチェーンに起因する課題および混乱を解決、軽減することを活動の目標としています。

 IAB Tech Lab Measurement Compliance Programの詳細(英文)

 https://iabtechlab.com/measurement-compliance

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報