2017年12月13日(水)

プレスリリース

企業名|産業
LINE商社・サービス

LINE Pay、「伊藤園」の自動販売機への決済導入開始

2017/12/7 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年12月7日

LINE Pay、「伊藤園」の自動販売機への決済導入開始

決済サービス導入を契機に今後プロモーションでの連携を強化

 

 LINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」(http://line.me/pay)において、2017年12月から、株式会社伊藤園(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:本庄 大介)とグループ子会社のネオス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:今泉 玄)が展開する自動販売機への「LINE Pay」決済を導入開始いたしましたのでお知らせいたします。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 「伊藤園」は、世界的に大ヒットしたAR(拡張現実)と位置情報を使ったスマートフォンゲームとのタイアップを行うなど、飲料の販売だけに留まらず、24時間営業とロケーションの良さを活かした活動も行っています。このたび、さらなる利用促進と新たな活用シーン創出を目的に、既存の自動販売機にタブレット型ディスプレイを設置することで、「LINE Pay」の決済導入が実現いたしました。今後、全国に設置された「伊藤園」の自動販売機への順次導入を目指すとともに、自動販売機をコンタクトポイントとしたプロモーションでの連携を図ってまいります。

 「伊藤園」の自動販売機で「LINE Pay」をご利用いただくには、商品ボタンを押すとディスプレイに表示されるコードを「LINE Pay」のコードリーダーで読み取り、誘導されたオンラインページ上で決済が完了します。「LINE Pay」は、「LINE」のユーザーであればどなたでも「…(その他)」タブ中央に設置された「LINE Pay」からすぐに登録・ご利用いただけます。ご登録後、アカウントに残高をチャージいただくことで、「LINE Pay」導入店舗やその他販売チャネルでスマートフォンのみでのお買い物が可能になります。

 「LINE Pay」は、お金の流通で生じる時間や手間、手数料など様々な摩擦をゼロにし、人とお金・サービスの距離を近づけてまいります。将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、モバイルフィンテックの世界をリードする存在になることを目指します。

■「コード決済」の利用方法

 1)スマートフォンの「LINE」内、「…(その他)」タブ中央の「LINE Pay」をタップ

 2)メイン画面から「コードリーダー」をタップ

 3)自動販売機の購入したい商品ボタンを押し、ディスプレイ上のコードをコードリーダーで読み込む

 4)スマートフォンの画面上で決済方法として「LINE Pay」を選択し、決済完了

 5)自動販売機から商品を搬出する

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465589_01.JPG

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465589_02.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465589_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報