2017年12月16日(土)

プレスリリース

企業名|産業
IHI機械

IHIなど、物流作業の無人化・省人化を促進するAI搭載デパレタイズシステムを発売

2017/12/7 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年12月7日

世界初AI(深層学習)搭載のデパレタイズシステムを開発,販売開始

~AIによるロボットの高性能化で物流作業の無人化・省人化を促進~

 

 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:満岡 次郎,以下「IHI」)および株式会社IHI物流産業システム(所在地:東京都江東区,社長:土田 剛)は,物流設備においてパレットに積まれたケース(段ボール)の荷卸し作業を自動で行うデパレタイズシステムに,AI(深層学習)を搭載して認識能力を大幅に向上した世界初の「IHIデパレタイズシステム」を開発し,国内での販売を開始しました。

 物流作業の中でも荷卸し(デパレタイズ)作業は,腰痛など労働災害につながる重労働のため作業者の定着率が悪く,作業者の確保がさらに困難になることが見込まれる中で,ロボット導入による無人化・省人化が急務となっています。しかしながら,従来のデパレタイズロボットは,事前の画像データの登録および,荷姿・積み付け方法などの情報が必要であり,ロボット導入の障害となっていました。さらに,これらの全情報が揃っていても,パレット上に様々なケースが混載されている場合は,従来システムでの対応は困難です。

 そこでIHIは,AIおよび3次元ビジョンを活用したデパレタイズロボットシステム(Kinema Pick)を開発したKinema Systems社(米国シリコンバレーのベンチャー企業)と共同で,AIによる物体認識技術を活用し,事前の画像データの登録やティーチングが不要なデパレタイズシステムの開発に成功し,販売を開始しました。

 このたび販売を開始した本システム「IHIデパレタイズシステム」(IHI AI Auto Depalletizing System,以下「AADS」)は,物流ニーズの変化に対応する柔軟な運用を可能にし,処理能力30%向上を実現しています。

 ※参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

 AADSの特長は,以下のとおりです。

 

 1.マルチ荷姿・混載パレットへの対応が可能

  ピッキングのたびに,最上段のケースの位置・サイズ・回転方向(向き)を認識することで,様々な荷姿や混載パレットへの対応を実現。

密着して積み付けられたケース,テープ等の付属物のあるケース,柄のあるケースでも,AIが正確に個々のケースを認識。

 2.デパレタイズ能力450ケース/hで,従来比30%の能力向上,1台導入で1名の省人化を実現。

  AIによる物体認識技術を採用することで,認識に要する時間を短縮。

  ケースの把持ポイント指定と,最適なロボットアームの経路計画,それを実現するスムーズな動きで,ケースを最短時間で滑らかに移動させることが可能。

  複数の小さい吸盤タイプの把持機構により,確実にケースを把持し,ロボットの速い動きにも対応可能。

 

 3.マスター情報の登録を簡素化

  個別の荷姿や積み付け方法,ケース画像などの詳細登録が不要で,短時間でスムーズなシステム運用が可能。

  IHIは,本システムの他にも「IHIシャトル&サーバ」(立体高速仕分装置),「IHIロボスタック」(立体自動倉庫)などのケース用物流機器を取り揃えており,AADSと組合せることにより物流作業の無人化・省人化をトータルで推進していきます。

 IHIでは,今後も,IHIグループが保有する様々なノウハウに基づく制御技術およびロボティクス技術により,物流システムやものづくりの高度化に取り組んでいきます。

 ※参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

 <Kinema Systems社の概要>

 社名:Kinema Systems Inc.

 所在地:3551-S Haven Ave., Menlo Park, CA94025

 代表者:Sachin Chitta

 事業内容:ディープラーニングと3Dビジョンに基づく物流および製造向けロボットソリューション

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465574_01.jpg

参考画像2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465574_02.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報