2017年12月16日(土)

プレスリリース

企業名|産業
富士急行輸送・レジャー

富士急静岡バス、新富士駅~「世界遺産センター」アクセス線を運行開始

2017/12/7 16:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年12月7日

「世界遺産」を“学び”“触れ合える”新路線誕生!

『新富士駅~「世界遺産センター」アクセス線』12/23運行開始

東海道新幹線 新富士駅から「世界遺産センター」、「白糸の滝」へ乗り換え無しでアクセス

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 富士急静岡バス株式会社(本社:静岡県富士市、取締役社長:土屋 忠男)は平成29年12月23日(祝)、富士宮市に「静岡県富士山世界遺産センター」(以下、世界遺産センター)がオープンするのにあわせて最寄りバス停を新設し、新規路線「新富士駅~富士山世界遺産センターアクセス線」の運行を開始いたします(認可申請中)。

 この路線は東海道新幹線・新富士駅と世界遺産センターを乗り換え無しの約35分で結び、途中富士宮駅のみに停車する特急運転を行います。また一部の便を除き、海外からの観光客にも人気の名勝・天然記念物「白糸の滝」を経由し、休暇村富士(田貫湖)までの直通運転を行うことで、富士宮市内をバスで周遊される観光客の皆さまの利便性向上を図ります。これにより、「世界遺産センター」にて富士山信仰の歴史や文化について学んだ後、さらに「富士山本宮浅間大社」や「白糸の滝」などの様々な富士山の構成資産に触れ合うという、世界遺産満喫の観光をスムーズに楽しむことができます。

 また同日より、新富士駅~富士宮駅~河口湖駅~富士山駅を結ぶ快速バス1日4往復(富士急山梨バス(株)との共同運行)も運行経路を一部変更し、「世界遺産センター」「湧玉の池(富士山本宮浅間大社最寄り)」に新たに停車します。これにより新富士駅のみならず、朝霧・本栖湖・河口湖方面と世界遺産センターも、乗り換え無しの1つの路線で結ばれます。

 富士宮エリアの散策には、上記路線を含む対象路線が2日間乗り放題となる富士山西麓バス周遊きっぷ(大人2,500円・39施設で割引特典が受けられるプレミアムパスポート付き)のご利用が便利でおトクです。話題の新スポットや静岡側から眺める絶景の富士山を、路線バスで巡ってみてはいかがでしょうか?

 (フリー乗車券の詳細はこちらから http://www.fujisan-westsidestory.jp/

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465572_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465572_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報