/

ニッポンレンタカー、経営戦略の迅速化でフランチャイズ制度を廃止し直営化体制に移行

発表日:2017年12月1日

ニッポンレンタカー

~フランチャイズ制の廃止に伴う直営化について~

東京センチュリー株式会社(以下東京センチュリー、代表取締役社長:浅田俊一)の子会社であるニッポンレンタカーサービス株式会社(以下NRS、代表取締役社長執行役員:荒幡義光)は、1969年の創業以来続くフランチャイズシステムによる制度を本年12月に廃止し、2018年1月よりNRSとNRSの全国の連結子会社による直営化体制に移行いたします。

「所有」から「使用」へといった顧客ニーズの変化やインバウンド需要の増加もあり、レンタカー業界は事業者数・台数・売上ともに拡大を続けております。一方、事業者間の競争は年々熾烈さを増しており、このような環境下、ニッポンレンタカーグループを従来以上に強固な事業体とすることで、よりスピーディーかつダイナミックな事業運営を実現し、その成長・発展を加速させることが必要と判断いたしました。

全国のフランチャイジーおよび地元鉄道・バス会社を中心とするフランチャイジー株主には、長期にわたりフランチャイズ制の運営に力添えをいただいてきましたが、今後も双方の事業協業等を通じ、より発展的な関係強化を進めて行く方針です。

今後、ニッポンレンタカーグループは、2017年11月から本格的に運用を開始した新たなビジネスモデルによるカーシェア事業や、各分野の有力企業との提携による新規事業展開などへの取り組みを通じ、より一層お客さまにご支持をいただけるレンタカー会社となることを目指して参ります。

なお、本件事業運営体制の変更に伴い、東京センチュリーのNRSの議決権比率は88.4%となり、ANAホールディングス株式会社が残りの11.6%の議決権比率を保有することとなります。

以上

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン