2019年5月21日(火)

プレスリリース

キリン、「キリン のどごし<生>」からアルコール度数7%の「キリン のどごし STRONG」を発売

2017/11/20 15:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月20日

「キリン のどごし STRONG(ストロング)」新発売

~アルコール度数7%のうまい飲みごたえと、高発酵技術で後味のキレを両立した「のどごし」シリーズのストロング~

*商品画像は添付の関連資料を参照

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、12年連続で新ジャンルのその他の醸造酒(発泡性)[1]において売上No.1(※1)の「キリン のどごし<生>」から、アルコール度数7%の力強い飲みごたえと、高発酵技術ですっきりとした後味を両立させた「キリン のどごし STRONG」(350ml缶、500ml缶)を、2018年1月23日(火)より全国で発売します。

※1 2005年「その他の雑酒[2]」、2006年~2016年「その他の醸造酒(発泡性)[1]」課税出荷数量による。

酒類市場は、コストパフォーマンス意識の高まりを背景に、高アルコール系RTD(※2)(以下、高アルRTD)を中心とした高アルコールカテゴリーが伸長しており、特に高アルRTDは2013年から毎年2桁増(※3)の成長を続けています。

当社の調査では、「ビール好き」なお客様の中でも「"飲んだ"という満足感が得られるビール」「しっかり酔えるビール」を求める方が年々増加しており、また「アルコール度数の高い商品でも味には妥協したくない」というお客様が増えています。

「キリン のどごし STRONG」は、このようなニーズに注目し、アルコール度数を7%に高めて"飲みごたえ"を実現し、高発酵技術でキレを高めて後味をスッキリさせ、さらに発酵により生まれる香りを複数のアロマホップの香りと調和させて飲みやすい香味に仕上げました。商品パッケージは"黒"を基調に、味わいとアルコール度数による"力強さ"を感じられるデザインに統一しました。

※2 アルコール度数7~9%のRTD。RTDはReady to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。

※3 出典:インテージ-SRI拡大推計-全国 推計販売規模(容量)期間:2013年1月-2016年12月

「キリン のどごし STRONG」は、お客様に1本で満足いただける通年販売商品として、ビール類の中でアルコール度数の高い「ストロング領域」の拡大を図り、お客様の毎日を楽しく明るくすることに貢献していきます。

■「キリン のどごし STRONG」について

●中味について

・「アルコール7%」と「高発酵技術」で、ノドにグッとくる力強い飲みごたえがありながら、すっきりとしたキレのある後味を実現した味わい

●パッケージについて

・力強い味覚を感じさせる黒を背景に、商品特長を瞬時に伝達する「STRONG」と「アルコール7%」を視認性高く配し、ガツンとうまい飲みごたえを表現したデザイン

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

■商品概要

1.商品名:「キリン のどごし STRONG(ストロング)」

2.発売地域:全国

3.発売日:2018年1月23日(火)

4.容量/容器:350ml缶、500ml缶

5.価格:オープン価格

6.アルコール分:7%

7.酒税法上の区分:リキュール(発泡性)[1]

8.販売予定数:約350万ケース(45,000KL) ※大びん換算

9.製造工場(予定):キリンビール仙台工場、横浜工場、名古屋工場、神戸工場、福岡工場

【お問い合わせ先】

キリンビール お客様相談室

フリーダイヤル:0120-111-560

【キリンホームページ】

http://www.kirin.co.jp/

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463822_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報