2018年12月12日(水)

プレスリリース

代々木ゼミナール、教員向けコンテンツの開発・サービスを提供開始

2017/11/15 15:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月15日

アルクテラス株式会社×代々木ゼミナール教育総合研究所

教育機関向け授業支援ツール「ClearS」を導入決定!

学校法人高宮学園代々木ゼミナール(本部:東京都渋谷区/理事長:高宮英郎)は、アルクテラス株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:新井 豪一郎)が10月26日(木)にリリースいたしました、教育機関向け授業支援ツール「ClearS(クリア・エス)」のトライアル版を導入し、教員向けコンテンツの開発およびサービスの提供を開始いたします。

■ClearSについて

※参考画像は添付の関連資料を参照

「ClearS」は、生徒同士の学び合いを促進するための学習ノート共有アプリ「Clear(クリア)」の教育機関向けのパッケージサービスです。例えば、教員同士が板書案や授業指導案などを共有できる学び合いの場としてご利用いただけます。

また、「ClearS」の特徴として、基本機能は学習ノート共有アプリ「Clear」と変わりませんが、教育機関向けにクローズドなコミュニティとしての利用が可能です。そのため、教育機関内で教員同士が情報共有、コミュニケーションを通じて学び合うことが可能です。

■代々木ゼミナール教育総合研究所導入の背景と目的

教育総合研究所が主催する教員研修セミナーを通じ、指導案や板書案、アクティブ・ラーニングで用いる教材などについて交流する場がほしいとの要望が寄せられました。サービス導入前の事前調査でも、さまざまな教育機関から期待が高く、本格稼働を望む声を多くいただきました。

「ClearS」の活用により、研修を受講された教員に対して、継続的な情報提供・コミュニケーションを促し、研修内容の定着に繋がります。また、代ゼミ講師が使用した教材を一部ネット上に公開します。様々な場面での活用を見込んでいます。

引き続きアルクテラスと代々木ゼミナール教育総合研究所で協力体制を敷きながら、全国の教員の方々の指導研究にお役立ていただけるよう、「ClearS」を活用したコミュニティの参加教員を増やし、情報の拡充を目指します。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463440_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報