2017年11月23日(木)

プレスリリース

ソフトバンクC&S、「GLIDiC」より完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000」などを発売

2017/11/15 15:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月15日

オーディオブランド「GLIDiC」、

完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000」と

ハイレゾ対応リケーブルイヤホン「SE-9000HR」を発売

~「Sound Air TW-5000」は、「VGP 2018」において

「金賞」と「コスパ賞」を受賞~

 

 ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、「動くひとの、音」をキーメッセージにした、モバイルのためのオーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」より、高機能ながら1万円未満という圧倒的なコストパフォーマンスを実現した完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000」と、究極のハイクオリティサウンドを追求したハイレゾ対応リケーブルイヤホン(※)「SE-9000HR」の2製品を、2017年12月1日から、SoftBank SELECTION取扱店(一部店舗を除く)およびSoftBank SELECTION オンラインショップ( https://www.softbankselection.jp/cart/top.aspx#_ga=2.205637139.160128617.1510724742-1934415803.1491532836 )にて発売します。なお、SoftBank SELECTION オンラインショップでは本日より予約の受け付けを開始します。

 [注]

 ※ケーブル交換が可能なイヤホンです。

 「Sound Air TW-5000」は「全ての煩わしさからの解放」を開発コンセプトに、圧倒的なコストパフォーマンスを実現した完全ワイヤレスイヤホンです。有機的な曲線形状「Ultra Multi Fitting(ウルトラマルチフィッティング)」により、さまざまな人の耳にフィットしやすく、長時間の使用における耳へのストレスを軽減しながら、優れた装着感と洗練されたデザインを両立しました。サウンドは、高音質コーデックAACに対応し、「GLIDiC」のサウンドの特長である、ボーカルが際立つクリアな高音と豊かな中低音域を実現します。また、手のひらに収まる小型のバッテリーケースはイヤホン本体を約2回分充電可能で、ケースに出し入れするだけで電源オン・オフを自動で切り替えます。また、本製品は、国内最高権威のオーディオ・ビジュアル・アワード「VGP 2018」において、Bluetooth(R)完全ワイヤレスイヤホン(1万円未満)部門で「金賞」と「コスパ賞」をダブル受賞しました。

 「SE-9000HR」は、「極み。最良の答え」を開発コンセプトに、これまで培ってきた知見やこだわりを集約した有線イヤホンの最上位モデルとして、究極のサウンドを追求したハイレゾ対応リケーブルイヤホンです。2つのドライバーを同軸上に配置する独自の設計「Phase Matching Coaxial Driver(フェーズマッチングコアキシャルドライバー)」により、コンサートホールにいるかのような奥行きと広がりのあるサウンドを可能にします。また、オーディオ信号とマイク/リモコン信号を完全に分離した「Noiseless Hybrid Wiring(ノイズレスハイブリッドワイヤリング)」が、モバイルのためのオーディオを体現するマイク/リモコン機能とノイズの少ないクリアなサウンドを両立します。本製品は、「VGP 2018」において、インナーイヤー型ヘッドホン(1.5万円以上3万円未満)部門で「VGP2018」を受賞しました。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

【Sound Air TW-5000】

 1. 画像

  *添付の関連資料を参照

 2. 主な特長

  ・あらゆる環境でケーブルに縛られない自由な音楽再生、通話スタイルを実現

  ・さまざまな人の耳にフィットする有機的な曲線形状「Ultra Multi Fitting」により、優れた装着感と洗練されたデザインを両立し、長時間の使用における耳へのストレスを軽減

  ・高音質コーデックAACに対応し、ボーカルが際立つクリアな高音と豊かな中低音域を実現

  ・ノイズの少ないクリアな音声を相手に届ける、MEMS(高感度小型マイク)とデジタルエコーキャンセリングを搭載

  ・手のひらに収まる小型のバッテリーケースは外出先でもイヤホンを約2回分充電可能。イヤホンをケースにしまうだけで充電ができ、バッテリー切れの不安を解消

  ・バッテリーケースに出し入れするだけで、電源オン・オフを自動で切り替え

  ・バッテリーケースからイヤホンを出すと自動で端末とのペアリング設定モードが起動し、一度接続すると2回目以降は自動で接続

  ・左右のマルチファンクションボタンのみで、曲の再生や停止、曲送りや曲戻し、通話時の応答や終話などの操作のほか、ボリュームの調整やSiriなどの音声アシスタントの起動まで行える直観的な操作性を実現

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ・Bluetoothは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

 ・Android は、Google LLC の登録商標または商標です。

 ・TM and (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleのロゴ、iPhoneはApple Inc.の商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

 

◆お問い合わせ先

 ソフトバンクセレクションお客様窓口

 Tel 0800-111-2247(通話料無料)

 E-mail sbsinfo@sbb-support.jp

 営業時間 10:00~19:00(年末年始、特定休業日を除く)

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463429_01.jpg

画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463429_02.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463429_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報