2017年11月22日(水)

プレスリリース

日本生命、鳥取県と包括的連携協定を締結

2017/11/15 14:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月15日

鳥取県との「包括的連携協定」の締結について

 

 日本生命保険相互会社(社長:筒井義信、以下「当社」)と鳥取県は、以下のとおり包括的連携協定を締結します。

1.協定の概要

 (1)名称

  「鳥取県と日本生命保険相互会社との包括連携に関する協定」

 (2)目的

  鳥取県と当社が相互に連携し、県の健康増進(特にがん対策)の支援や子育て支援、子ども・少年の健全育成等に取組み、地域の活性化及び県民サービスの向上に努めます。

 (3)協定項目

  [1]健康増進(特にがん対策)の支援に関すること

  [2]子育て支援及び子ども・少年の健全育成に関すること

  [3]暮らしの安全・安心に関すること

  [4]障がい者・高齢者の支援に関すること

  [5]環境保全等に関すること

  [6]その他、地域の活性化・県民サービスの向上に関すること

2.協定締結日等

 (1)日時:2017年11月20日(月)11:30~12:00

 (2)場所:鳥取県知事公邸 第1応接室

 (3)出席者:鳥取県知事 平井 伸治

  日本生命保険相互会社 代表取締役副社長執行役員 小林 一生 他

3.今後の主な連携事業

 当社は、中期経営計画「全(ぜん)・進(しん)-next stage-」で、「人生100年時代をリードする日本生命グループに成る」をスローガンに掲げ、「子育て支援」「高齢社会対応」「ヘルスケア」を中心に、従来の保険の域を超えた「保険+α」の価値の提供に取組んでいます。

 その具体策の一つとして長寿社会をサポートする『Gran Age(グランエイジ)プロジェクト』を展開し、商品・サービスの提供に加え、全役職員が地域社会への貢献活動を行っています。

 今般の包括的連携協定の締結を契機に、「健康増進(特にがん対策)の支援」「子育て支援、子ども・少年の健全育成」「暮らしの安全・安心」等、幅広い分野で県と協力し、鳥取県の地域活性化及び県民サービスの一層の向上に取組んでまいります。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463426_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報