2017年11月19日(日)

プレスリリース

SBエナジー、鹿児島県薩摩川内市にメガソーラー発電所を建設

2017/11/15 14:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月15日

鹿児島県薩摩川内市でのメガソーラー発電所の建設について

 

 ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三輪 茂基、以下「SBエナジー(エスビー エナジー)」)は、鹿児島県薩摩川内市において大規模太陽光発電所(メガソーラー)「ソフトバンク鹿児島入来ソーラーパーク」の建設を決定しました。

 今回、SBエナジーは約1万9,000m2(約1.9ha)の私有地において、出力規模が約1,200kW(約1.2MW)、年間予想発電量が一般家庭約392世帯分の年間電力消費量に相当する約141万2,000kWh/年の発電を行うメガソーラー発電所を建設し、2018年5月中の運転開始を目指します。また、「ソフトバンク鹿児島入来ソーラーパーク」建設の際、設計、調達および工事管理業務はSBエナジーが自社で行います。

 SBエナジーは、今後も自然エネルギーの普及・拡大を目指し、メガソーラーをはじめとする自然エネルギー発電所の建設と運営を推進します。

■「ソフトバンク鹿児島入来ソーラーパーク」の概要

 所在地:鹿児島県薩摩川内市入来町副田5885 他

 敷地面積:約1万9,000m2(約1.9ha)

 出力規模(太陽電池容量):約1,200kW(約1.2MW)

 年間予想発電量(初年度):

  約141万2,000kWh/年

  一般家庭約392世帯分の年間電力消費量に相当

  ※1 世帯当たり3,600kWh/年で算出

 運転開始:2018年5月中(予定)

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報