2017年11月19日(日)

プレスリリース

企業名|産業
三菱重工業機械

三菱ふそうトラック・バス、川崎工場に新たに118億円を投資

2017/11/15 14:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月15日

三菱ふそう、川崎工場に新たに118億円を投資

 ・本社及び生産設備を川崎工場第一敷地に統合、業務効率化を推進

 ・本社機能を含む新社屋「プロダクト・センター」を建設

 ・従業員の労働環境改善を目的にオフィス及び施設を完全リニューアル

 ・自動化とデジタル化への投資により生産効率向上と、高品質なものづくりを追求

 

 三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、川崎工場第一敷地(神奈川県川崎市大倉町)に新たに約118億円の投資を行うと発表しました。川崎地区3拠点に分かれている事業を川崎工場第一敷地に集約し、本社、研究開発および設計機能を収容する「プロダクト・センター」を新たに建設します。また同時に、工場内の既存設備の大規模リニューアルを行います。これにより、業務の効率化を図るとともに、従業員の働く環境を改善します。

 新社屋の建設を含む大規模工事は“Campus+(キャンパス プラス)”と呼ぶプロジェクトの一環です。同プロジェクトは三菱ふそうが一役を担うダイムラー・トラック・アジア(以下、DTA)の成長戦略である「DTA ONE」の活動のひとつです。この戦略はProduct(製品)、Process(プロセス)、People(人材)の3つの柱から成り立ち、“Campus+”はProcess(プロセス)とPeople(人材)に焦点をあてた活動です。

 「プロダクト・センター」は最先端の設備を備えた5階建て社屋で、オフィス空間の床面積は10,792m2となります。今月下旬から建設を始め、2018年末完成を予定しています。その他、第一敷地内では従業員の業務効率向上のため既存設備のリニューアルが進められており、既に約5,300m2が完了しています。

 「商用車メーカーとしての長年にわたる歴史と、電気トラックのフロントランナーを走る三菱ふそうは優秀で意欲的な従業員に支えられています。“Campus+”は、個人の能力を最大に引き出せる労働環境を作るための人材に対する投資です」(マーク・リストセーヤ:MFTBC代表取締役社長・CEO)

 MFTBCはまた、川崎工場第一敷地の生産設備の拡張と近代化に多額の投資を続けています。

 今年2月には、開発と生産機能の一部を担っていた川崎工場第二敷地(神奈川県川崎市西加瀬)の売却契約を締結し、2019年までに全施設を第一敷地に移管をすべくプロジェクトを進めています。第二敷地の生産工程は第一敷地に建設する新工場に移管予定で、2018年末の生産開始を計画しています。

 新工場では「Factory of the Future(未来の工場)」のイニシアティブの下で、オートメーション、ロボティックスとITシステムに対し、インダストリー4.0(*)への対応に向けて投資します。工場内の自動搬送機、次世代オートメーション、生産従事者を支援する作業ロボットの導入、および工場内外の全ての物流を管理するITシステムが含まれます。2018年までに24億円を投資し、生産効率を向上することで年間13億円のコスト削減を目指します。

 「川崎工場は三菱ふそうの主力工場です。工場の自動化、ロボティクス、ITシステムへの投資を通じて、生産効率を高め、製品品質を向上し、電気トラックの量産に備えます」(スヴェン・グレーブレ:MFTBC副社長兼生産本部長)

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■三菱ふそう川崎工場の歴史

 MFTBC川崎工場は1941年(昭和16年)、三菱重工業株式会社東京機器製作所川崎工作部(当時)として発足、日本最大級の鋳鍛工場として操業を開始しました。

 当工場は現在小型・中型・大型トラックを生産し、世界160カ国以上へ輸出しています。最初の輸出は1955年のチリ向けのR32型バスでした。また、完成車輸出のみならず世界のKD工場のマザー工場としても発展してきました。1960年のオーストラリア向けT352型大型トラックを皮切りに、1970年にタイ向けT620型中型トラック、1972年からはインドネシア向けにT651型中型トラックの部品を出荷しました。現在世界15カ国以上のKD工場へ出荷しています。

 2016年には、生産性と構内物流効率の向上を目指したフィッシュボーンコンセプトを軸とする、構内再配置(サイトストラテジー)が完成しました。小型車両組立ラインストレート化に続き、大中型車両組立ラインのストレート化が完了し、全長約600mの組立ラインが誕生。MFTBCは、川崎工場に対し、これまで100億円以上の投資を実施、ダイムラー・トラックの他ブランド向けのコンポーネントの供給を含め、ダイムラー・トラック部門の生産拠点として、重要な役割を担っています。

 *インダストリー4.0:生産工程の自動化とデジタル化により、生産コストを削減し、生産性向上を目指す取り組み。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463421_01.JPG

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報