2017年11月21日(火)

プレスリリース

大阪商工会議所と産総研など、「大阪企業家ミュージアム」においてAIデジタルサイネージ実証実験を開始

2017/11/15 14:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月15日

「大阪企業家ミュージアム」において

AIデジタルサイネージ実証実験を開始

~大商、産総研の協力で、16日から一般公開~

 

 ○大阪商工会議所(大阪市中央区、会頭:尾崎 裕、以下:大商)は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(東京都千代田区、理事長:中鉢 良治、以下:産総研)人工知能研究センターの人工知能技術コンソーシアム(以下:AITC)の協力を得て、11月16日から来年1月31日まで、人工知能技術(AI)を搭載したデジタルサイネージを活用した実証実験を行います。

 ○産総研が開発したAIデジタルサイネージに大阪企業家ミュージアムの展示企業家に関するクイズデータを投入、来館者の回答をAIが分析し、似たタイプの企業家を推薦します。結果は、全回答者の質問と回答に関する選択傾向からAIが自動的に推薦するため、回答数が増えればAIの学習・推論機能が高まり、推薦される企業家も変化することがあります。今回の実験では、100件以上の回答を収集し、AIの学習・推論機能の向上を実証します。

 ○AIを搭載した製品・サービスの開発には、ビジネス現場からAIの学習データを大量に収集することが不可欠と言われています。AITCには、AIに関する技術交流や情報収集に関心を持つ136社・団体(11月8日現在)が加入し、テーマ別のワーキンググループ(WG)で、実証プロジェクトの立案、試行、協業に取り組んでいます。今回の実証実験は、AIリビングラボWGの協力を得て実施します。大商は、昨年11月からAITC関西支部の事務局を担い、AIのビジネス活用、社会実証・実装を支援しています。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

<実証実験の概要>

 ■期間:平成29年11月16日(木)~1月31日(水)

 ■場所:大阪企業家ミュージアム(大阪市中央区本町1-4-5大阪産業創造館地下1階)

 ■実施主体:大商、AITC

 ■内容:

  産総研が開発したAIデジタルサイネージに、大阪企業家ミュージアムの展示企業家に関するクイズデータを投入、来館者の回答をAIが分析し、似たタイプの企業家を推薦します。クイズは、同ミュージアムが制作した漫画「企業家の人生に学ぶ」シリーズ(江崎利一、石橋信夫、早川徳次、上山英一郎、岩谷直治、久保田権四郎、佐伯勇、鳥井信治郎の8名の企業家が登場)から出題されます。

以上

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

<添付資料>

 ※添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463416_03.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463416_04.pdf

添付資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463416_05.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報