2019年1月20日(日)

プレスリリース

企業名|産業
NTT情報・通信

NTT、日本ソフトボール協会とアスリートのパフォーマンスと脳情報処理研究の共同実験協定を締結

2017/11/13 15:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月13日

"脳を鍛えて"ソフトボールで勝つ

~スポーツ脳科学プロジェクト 日本ソフトボール協会と共同実験~

日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫 以下 NTT)は、NTTグループのAI関連技術corevo(R)の研究開発の一環として、スポーツにおける「心」と「技」を鍛える新しいトレーニング法の確立をめざし、2017年1月にスポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プロジェクトを発足しています。

今回、NTTは日本ソフトボール協会と共同実験協定を締結し、ソフトボールのトップ選手や若手選手の実験的・実戦的な計測を実施し、日本代表選手をはじめとした多様な能力を持つアスリートのパフォーマンスと脳情報処理の研究を進めます。

■背景

野球やソフトボールでの投手と打者の対戦において、ボールを打つという動作は、投手からボールがホームベースに届くわずか0.5秒程度のうちに行われます。この短時間に、ボールの軌道を見極め、スイングするかどうかを瞬時に意思決定し、ボールの軌道に合わせて最適なスイング軌道を生成する、という非常に複雑な一連の情報処理を行っています。この一連の処理は、選手自身がボールの軌道を知覚するよりも短時間で実現されているはずであり、この無自覚的(潜在的)な脳の働きこそがアスリートのパフォーマンスを決定付けているといっても過言ではありません。SBSプロジェクトでは、瞬間的な対人インタラクションが鍵となる競技の一つである野球・ソフトボールに焦点を絞り、脳の潜在的な情報処理のしくみの解明をめざしており、これまでにも、東京大学運動会硬式野球部、慶應義塾体育会野球部や日立ソフトボール部との共同実験の取り組みなどを行ってきています。

■共同実験について

ソフトボールはトップレベルでは速球が110km/hを超え、投球距離が短いため、打撃においては野球よりもタイミングの要素が大きくなり、実際の試合においてもタイミングをずらした配球をどう攻略するかが鍵となります。SBSプロジェクトでは、ランダムに投球されるチェンジアップと速球を見極めて打つ対戦型の実験を行っていますが、このシチュエーションはソフトボールではより実戦的といえます。今回、日本ソフトボール協会との共同実験を通じて、世界ランキング1位である日本代表チームの選手を計測することで、世界のトップレベルの打者の脳の使い方を調べたり、日本のソフトボールの強化の『土台』となる将来的な人材の発掘・育成・強化をめざして日本ソフトボール協会が進めている「GEMプロジェクト」での各年代の代表選手を継続的に計測することで、選手の成長に伴う能力の獲得過程を調べ、多様な能力を持ったアスリートの脳情報処理を総合的に解明していきます。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*リリース詳細は添付の関連資料を参照

※「corevo」は日本電信電話株式会社の商標です。

*「corevo」のロゴは添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463172_01.JPG

「corevo」のロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463172_03.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463172_02.pdf

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報