/

東大、力を加えると大きく色が変わる分子を発見

発表日:2017年11月13日

力を加えると大きく色が変わる分子を発見

~新規の機能性材料への応用に期待~

1.発表者:松尾 豊(東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻 特任教授)

2.発表のポイント:

◆色のついた結晶(塊)を砕くと、通常は色が薄くなりますが、今回、乳鉢で結晶を砕いて粉にすると、薄い色(黄色)から濃い色(濃い緑色)に変化する分子を発見しました。

◆力を加えることにより分子の形が変化することが、この色の変化の要因であることを発見しました。

◆機械的刺激を検出するセンサーや、押したら色が変わるタッチパネルへの応用が期待されます。

3.発表概要:

押すなどの機械的な外部刺激により性質を変化させる材料はメカノクロミック材料と呼ばれ、センサーやスイッチなどに応用可能な新しい機能性材料として興味がもたれています。機械的刺激により発光色を変える材料はこれまでに多くありましたが、東京大学大学院工学研究科の松尾豊特任教授らは、機械的刺激により吸収色(見た目の色)を大きく変える物質を合成することに成功しました。この物質は、フルオレニリデン-アクリダンと名付けられた分子で、結晶の状態では黄色ですが、結晶を砕くと濃い緑色に変化します。これは通常の有機分子の結晶を砕くと色がやや薄くなることと逆の現象となります。この深色化の科学的背景は、機械的応力というマクロな力を分子の形態変化というミクロな変化につなげたことにあります。この変化により物質中の電気の流れやすさも変化させることにも成功しました。機械的刺激という入力情報を、見た目の色と電気特性の変化という2つの出力情報に変換できるため、色が変わるタッチパネルや光学的および電気的に検出する応力センサーなど、新しいデバイスに応用される機能性材料となることが期待されます。

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0463136_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン