2018年7月23日(月)

プレスリリース

企業名|産業
SCSK商社・サービス

SCSK、Webアプリ作成・運用のクラウドサービス「CELF」にRPAエンジンを搭載

2017/11/7 11:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月7日

Webアプリ作成・運用のクラウドサービス「CELF」にRPAエンジンを搭載

 

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:谷原 徹、以下 SCSK)は、自社製品として提供するエンドユーザ向けWebアプリ作成・運用のクラウドサービス「CELF(セルフ)」にRPAエンジンを搭載し、企業向けに「業務効率化/働き方改革ソリューション」として2018年4月から提供開始することを、お知らせいたします。

1.背景

 昨今、多くの企業・自治体が「働き方改革」を進めていく中で、仕事のやり方・進め方を改善する以外に、ICTツールの導入による現場業務やデスクワークの効率化が求められてきています。その1つの解決策として期待されるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入・検証が進んでいますが、現場での業務が整理されていないことやデータが一元管理されていないこともあり、RPA導入に多くの時間とコストが発生しています。

 「CELF」の基本コンセプトは、現場業務の整理とともにシステム化による個別業務の最適化を行うものであり、RPAを導入するための下地の役割を担っています。そこで、さらなる効率化・自動化を目的に、「CELF」にRPAエンジンを搭載することといたしました。

2.「CELF」RPAエンジンの概要

 「CELF」のWebアプリ作成機能とRPAエンジンを融合した業務効率化ツールです。一般的なRPAエンジンは数百万円~数千万円と非常に高価であるため、大幅な効率化が期待できる分野での適用が進んでいますが、「CELF」のRPAエンジンは、多くのエンドユーザの個別業務/デスクワークを最適化する「大衆普及型RPA」を目指しています。また、「CELF」の基本コンセプトである「エンドユーザでも開発・保守ができる」をもとに、ITに関する専門知識がなくても「自分の業務を自分でカイゼンできる」ツールを目指しています。

3.提供開始時期

 2018年4月提供開始予定

4.提供予定価格

 月額利用料:4,500円/1台

 *参考資料は添付の関連資料を参照

5.今後の予定

 2018年2月より、「CELF」をすでに導入されているお客様を対象としたβ版提供を予定しており、ご希望のお客様による多くの実験・検証を踏まえ、2018年4月の製品提供開始を目指します。

 ※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0462562_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報