2019年6月17日(月)

プレスリリース

ファンケル、L-セリンに体内時計の調整強化機能を確認

2017/11/6 16:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月6日

L-セリンに体内時計の調整強化機能を確認

生活リズムや時差ぼけの改善などに応用も

株式会社ファンケルは2013年から、九州大学大学院農学研究院の安尾しのぶ准教授、九州大学大学院芸術工学研究院の樋口重和教授と「体内時計」に関する共同研究を進めています。その研究の中で、アミノ酸の1種である「L-セリン」(1)を摂取すると、現代社会において乱れがちな体内時計(2)の光による調整が容易にできることを確認しましたのでお知らせいたします。この研究成果は、体内時計の乱れや時差ぼけの改善も期待できるものです。なお、本研究成果は論文として、「Journal of Nutrition,2017; 147: 1-9」に掲載されております。

<研究結果>

本研究は、20種類のアミノ酸を決まった時間に投与して実施しました。その結果、L-セリンに体内時計の光による調整力を強める機能があることを発見しました(図1)。また、昼夜をコントロールして時差ぼけを誘導し、L-セリンを決まった時間に投与すると、新しい昼夜リズムに早く同調することも確認できました。これはL-セリンが時差ぼけなどで乱れた体内時計の調整力を強めることを示しています。次に、男子学生15人を対象に光による体内時計の調整力の試験を行いました。夜の就寝前にL-セリンを3g摂取した状態と摂取していない状態で、それぞれ朝の起床時に光を浴び、体内時計の指標となるメラトニン(3)分泌を測定しました。その結果、L-セリンを摂取した方が、メラトニンの分泌開始時刻が早められ、体内時計の調整力を強めていることが分かりました(図2)。また、L-セリンを摂取すると翌日の日中に眠くなりにくくなる傾向も認められました。

本研究結果から、L-セリンを摂取することで、栄養学的に体内時計の乱れや時差ぼけの改善が期待できることが分かりました。またこの結果は、週末に3時間以上朝寝坊することで生じる「社会的時差ぼけ」の改善、シフトワーカー(交代勤務者)の健康管理、生活リズムの乱れによる不眠の改善、夜更かし時の体内時計調整など、幅広い応用が期待できるものです。

※図は添付の関連資料を参照

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0462506_01.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0462506_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報