プレスリリース

企業名|産業
セコム商社・サービス

セコム、VR技術を活用した研修プログラムを開発し社員教育に導入

2017/11/6 15:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年11月6日

警備業界初、VR技術を活用した研修プログラムを導入

分野・業界を超えた協働を図るオープンイノベーションの取り組み成果

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、このたび、カディンチェ株式会社(本社:東京都品川区、社長:青木崇行)との協働により、警備業界で初となるバーチャルリアリティ(以下、VR)技術を活用した研修プログラムを開発し、社員教育に導入します。

本研修プログラムは、ヘッドマウントディスプレイを装着して、画面に表示される全周囲の映像を見ながら、その状況における模範的な対応を疑似的に体験し、学習するものです。

VR技術を活用した研修プログラムは、準備・片付けに多くの費用がかかる研修、危険性が高く体験機会が限られてしまう研修を、より多くの社員が安全に疑似体験、学習することができます。

具体的な研修プログラムは、「煙が充満する中での避難誘導」「避難器具の体験シミュレーション」で、順次VRに適した研修コンテンツを充実させていきます。VR技術による体験型研修を活用することで、社員一人ひとりのスキルアップを図り、サービス品質の向上につなげていきます。

*参考画像は添付の関連資料を参照

今回のカディンチェ株式会社との協働は、「セコムオープンラボ」※を通じて生み出された取り組みです。セコムは、これからもオープンイノベーション活動を推進し、分野・業界を越えた多くの皆さまとの協働により新たな価値の創出を進めてまいります。

※「セコムオープンラボ」

セコムオープンイノベーション推進担当が主催している社会連携アイデアソンです。毎回異なるテーマについて分野・業界を超えた多くの参加者と大勢で未来に向けた議論・対話を行うことで、未来に共感する仲間づくりを進めて、共に今後の社会を展望していくことを目的としています。

*リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0462474_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0462474_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]