/

東芝デジタルソリューションズ、KDDIとのセルラーLPWAを活用した産業向けIoT接続の実証実験を開始

発表日:2017年11月6日

KDDIとのセルラーLPWAを活用した産業向けIoT接続の実証実験について

東芝デジタルソリューションズ株式会社(神奈川県川崎市、取締役社長 錦織 弘信 以下、当社)は、KDDI株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中 孝司、以下KDDI)が商用化を目指している、低消費電力・広カバレッジエリアを特徴とするセルラーLPWA(注1)サービスと、東芝IoTアーキテクチャーSPINEX(TM)(スパインエックス)とのIoT接続の実証実験を行います。

あらゆるモノがネットワークに繋がるIoTの現場では、さまざまな環境下にIoT機器が配置されます。LPWAはIoT用途に特化した無線方式であり、特にセキュアなネットワークがグローバルに求められる産業用IoTのユースケースでは、免許帯域で安定的に運用されるセルラーLPWAサービスが適しています。当社はKDDIが提供予定の、LTE-M(注2)、NB-IoT(注3)といったセルラーLPWAサービスを介して、IoT機器からのデータを収集し、東芝IoTアーキテクチャーSPINEX(TM)でのコネクティビティ機能の強化を目的とした実証実験により、新たなIoTユースケースを開拓していきます。セルラーLPWAサービスの導入により、これまで商用電源の確保が困難な環境や、電波が届きにくかった屋内に設置された機器やセンサーでのIoTサービスが可能となります。また、当社が提供するクラウドとエッジが協調分散処理を行う「エッジリッチコンピューティング」の分野では、エッジデバイスが異常検知などの処理を行い、制約の多いネットワークトラフィック量の中でも高度なIoT機器管理を実現していきます。

以上

注1 LPWA:Low Power Wide Areaの略。低消費電力、広カバレッジエリア(通信可能範囲)を特徴とするIoT向け無線ネットワーク

注2 LTE-M : LTE Category-Mの略。LPWA技術の1つで、3GPPリリース13に基づくLTE標準規格。

注3 NB-IoT : Narrow Band-IoTの略。LPWA技術の1つで、3GPPリリース13に基づくLTE標準規格。

*SPINEXは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における商標です。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン