/

九大、長期間に渡って安定的に動作する分子センサーを開発

発表日:2017年11月2日

IoT分子センサ:超長期動作が可能に

~携帯端末による健康状態や環境負荷物質の長期モニタリングに期待~

九州大学先導物質化学研究所の柳田剛教授、長島一樹助教、高橋綱己特任助教らの研究グループは、従来技術に基づくセンサよりも遙かに長期間に渡って安定的に動作する分子センサを開発しました。

来るIoT(モノのインターネット)社会(注1)では、ナノテクノロジーやIoT関連技術の発展に後押しされ、大規模データの収集・処理によって新たな価値を生む科学技術が見出されつつあります。現在スマートフォンなどモバイル機器で収集できるデータに加えて私たちの健康状態や周囲の環境に密接に関連する化学物質に関する情報が収集できれば、これまでとは全く異なる新たな価値につながることが予想できます。しかし、携帯機器に搭載できるような従来の分子センサは動作するにつれて性能が劣化してしまい、長期安定動作は本質的な課題でした。柳田教授らは、ナノサイズの分子センサから電気信号を取り出す部分に、従来の金属の代わりに分子センサ部分と同じ材料を用いることを提案し、酸化錫ナノワイヤによる長時間の安定したセンサ信号が得られることを実証しました。

本分子センサ技術は、人の呼気や大気中に含まれる化学物質のモニタリングをスマートフォンなどで行い、ビッグデータとして活用することで、例えば病気の予防・早期発見などの健康管理や環境負荷物質の測定・抑制などの応用展開が期待されます。

本研究成果は、論文受理に伴い、米国化学会誌「ACS Sensors」Web上に2017年10月23日(水)に掲載されました。オンライン速報版および確定版は近日中に掲載される予定です。

※参考図は添付の関連資料を参照

■研究者からひとこと:

今回は数百~千時間程度の動作での安定性を実証しました。最終的には、センサを使用する人が一生涯買い換えずに済むように、100年程度の使用にも耐えられるように更に研究開発を進めていきたいと思います。

※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考図

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0462235_01.JPG

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0462235_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン