2018年12月17日(月)

プレスリリース

企業名|産業
大東建託建設・不動産

大東建託、VR内見システム「いい部屋ネットVR内見 plus Movie」の試験導入を開始

2017/10/31 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年10月31日

動画と静止画がシームレスにつながるハイブリッドなVR内見(特許出願中)

「いい部屋ネットVR内見 plus Movie」を11月1日より試験導入開始

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊切直美)は、11月1日(水)より、賃貸住宅のお部屋探しをするお客様が、店舗にいながら動画と静止画によって、まるでその場にいるかのように室内の様子を確認・体感できる新しいVR内見システム「いい部屋ネットVR内見 plus Movie」(略称:いい部屋ネットVR内見)を、当社のグループ会社、大東建託リーシング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:守義浩、以下、大東建託リーシング)の10カ所の仲介店舗で試験導入します。

システムには、ナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起、以下、ナーブ)が提供するVR(バーチャルリアリティ)技術を応用したサービスを利用し、様々な物件の内見を実際に出向くことなく擬似的に、そして効率的に行うことができます。

■特徴[1]・・・国内初の動画と静止画のハイブリッド技術(※1)で、よりリアルなVR内見を実現

従来のVR内見は、静止画データをつなぎ合わせて構成されていましたが、今回試験導入する「いい部屋ネットVR内見 plus Movie」は、360°カメラで撮影した動画と静止画の情報がシームレスにつながる、ハイブリッドな仕様となっています(日本初・特許出願中(※1))。室内の動線、部屋の配置、室内全体の広さや雰囲気などは、動画VRで部屋を歩き回っているかのように体感でき、各設備(キッチン、洗面、浴室、トイレなど)の詳細は静止画VRで確認できます。

動画VRでは、静止画VRでは体感できない実際に歩いてみてわかる距離感や空間の奥行き感、部屋と部屋のつながりなどが、まさに実際の部屋を内見しているかのように確認できます。

(※1 特許出願中のハイブリッド技術・・・ナーブ(システム開発)が、動画と静止画をハイブリッドに組み合わせた独自のVR技術)

*参考資料は添付の関連資料を参照

*リリース詳細は添付の関連資料を参照

●商標について・・・

当資料に記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461924_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461924_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報