2019年7月16日(火)

プレスリリース

アサヒ、東北エリア限定「クリアアサヒ とれたての贅沢」を発売

2017/10/26 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年10月26日

東北エリア限定

『クリアアサヒ とれたての贅沢』

11月21日(火)新発売!

~売上の一部を東北地方における復興支援にお役立ていただきます~

*商品画像は添付の関連資料を参照

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、「クリアアサヒ」ブランドの東北エリア限定商品『クリアアサヒ とれたての贅沢』を、11月21日(火)より、東北エリア限定で新発売します。本商品の売上1本につき1円を、東北地方における復興支援の取り組みにお役立ていただきます。

『クリアアサヒ とれたての贅沢』は、本年収穫した、山形県産「初摘みホップ」と、宮城県東松島市で栽培された「希望の大麦(※1)」を一部使用した、東北エリア限定の「クリアアサヒ」です。ホップの華やかな香りと、大麦の芳醇な味わいが特長で、豊かな味わいをお楽しみいただけます。なお、当社のビール類缶商品で「希望の大麦」を使用した商品は初となります。

缶体パッケージは、『クリアアサヒ』のデザインをベースに、「ホップ」と「大麦」の絵柄を印象的に配するとともに、商品名である「とれたての贅沢」を缶体中央に記載。さらに、商品特長の「東北限定」「山形県産初摘みホップ使用」『宮城県産「希望の大麦」一部使用』の文言を明記しました。また、缶体上部には、「1本1円を東北の復興支援にお役立ていただく」旨を記載しています。

本年1-9月の「クリアアサヒ」ブランド計の販売数量は、四季折々の食事と相性のよい期間限定商品も好評をいただき、前年比103.3%の2,670万箱(※2)と順調に推移しています。「季節の食卓をもっとおいしく、もっとたのしく」する新ジャンルとして、「クリアアサヒ」ブランド計で前年比102.9%となる3,650万箱の販売を目指すとともに、東北エリアでは『クリアアサヒ とれたての贅沢』の発売を機に、「クリアアサヒ」ブランドのさらなる強化を図ります。

※1:「希望の大麦」は、(一社)東松島みらいとし機構(HOPE)とアサヒグループの協働プロジェクト「希望の大麦プロジェクト」により誕生しました。本プロジェクトは、宮城県東松島市の被災した土地で栽培した「大麦」を通じて、地域に「なりわい」と「にぎわい」を創出することを目指しています。

※2:1箱は大瓶633ml×20本で換算。以下、同様。

【商品概要】

商品名:クリアアサヒ とれたての贅沢

品目:リキュール(発泡性)(1)

原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、米、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)

発売品種:缶350ml、缶500ml

アルコール分:5%

発売日:2017年11月21日(火)

 ※12月までを予定。ただし、販売予定数量終了次第、終了となります。

販売目標:45,000箱

製造工場:福島工場

発売地区:東北エリア(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)限定

ブランドサイト:http://www.asahibeer.co.jp/clear/

*参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461569_01.jpg

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461569_02.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。