プレスリリース

独ポルシェ、911ファミリーにニューモデル「ニューポルシェ911カレラ T」を追加

2017/10/24 11:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年10月23日

911ファミリーに純粋主義を象徴するニューモデルを追加

シンプルでも高い性能―ニューポルシェ911カレラ T

ドイツ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、911カレラ Tによって、1968年にデビューした911 Tの根底にあった純粋なスポーツカーファン向けのコンセプト、つまり、軽量、クロスレシオのマニュアルトランスミッション、パフォーマンス向上のための機械式ディファレンシャルロックを装備した後輪駆動、それらによってさらに強烈なドライビングプレジャーを復活させます。このニューモデルのユニークな外観は911カレラを基本とし、エンジンは272kW(370PS)を発生します。ツーリングを意味する「T」を冠した911カレラ Tには、車高を20mm低くした標準装備のPASMスポーツシャシー、重量最適化されたスポーツクロノパッケージ、レッドのシフトパターンと短縮されたシフトレバー、Sport-Texシートセンターなど、911カレラにはないいくつもの装備が与えられています。911カレラでは選択できないリアアクスルステアリングもオプションで装備可能です。

911カレラ Tの装備は、あらゆる面で最適なスポーツ性と軽量構造を実現するために設計されています。リアウインドウとリアサイドウインドウは軽量ガラス製で、ドアトリムにはドアオープナーストラップを採用しています。吸音材を大幅に削減し、リアシートはオプション装備となり、さらにはポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)なしのオプションも用意されています。その結果、この2シーターの空車重量は1,425kgとなり、同等の装備の911カレラより20kg軽量です。

■スポーティなデザインとユニークな外観

911カレラ Tのデザインは、トランスミッションをリアに搭載したクーペのエモーショナルでスポーティな性格を強調するものです。このモデルは、ボディパーツとホイールで明確に差別化されます。911カレラ Tのフロントには、空力的に最適化されたフロントスポイラーリップが装備され、スポーツデザインのドアミラーはアゲートグレーメタリックに塗装されます。また、このニューモデルはチタングレー塗装の20インチ カレラ Sホイールを装備し、サイドからも一目瞭然です。さらに"911 Carrera T"のロゴもサイドの大きな特徴です。リアビューでは、リアリッドグリルのスラット、Porscheのロゴ、アゲートグレーの"911 Carrera T"のモデル名、およびセンター出しのテールパイプがブラック塗装された標準装備のスポーツエグゾーストシステムが特徴です。ボディカラーのオプションとして、キャララホワイト、ジェットブラックおよびGTシルバーのメタリックカラーに加え、ブラック、ラバオレンジ、ガーズレッド、レーシングイエロー、ホワイトおよびマイアミブルーが用意されています。

■純粋主義のインテリアコンセプトと新たなインテリアパッケージ

パッセンジャーコンパートメントの外観も、スポーティかつ純粋主義が強調されています。運転席にはシートセンターをSport-Texファブリックとしたブラックの4-way電動スポーツシートが採用され、ヘッドレストには"911"ロゴがブラックで刺繍されています。このニューカレラTモデルでは、初めてオプションでフルバケットシートを選択することもできます。ステアリングホイールは、レザーリムのGTスポーツステアリングホイールで、標準装備されたモードスイッチを使って、さまざまなドライビングプログラムを選択できます。レッドのシフトパターンとショート化されたシフトレバーは911カレラ T専用です。ダッシュボードとドアのデコラティブトリム、およびドアオープナーストラップはブラック仕上げです。新たに追加されたTインテリアパッケージは、レーシングイエロー、ガーズレッドまたはGTシルバーのコントラストカラーで、さらにスポーティなルックスを創り出します。これらのカラーを使って、シートベルト、ヘッドレストの"911"ロゴ、ドアオープンループやSport-Texのシートセンターなど、さまざまなインテリアコンポーネントにアクセントを付けることができます。

■パワーウエイトレシオの向上とパフォーマンスの強化

3リッター6気筒水平対向ツインターボエンジンは、最高出力272kW(370PS)、最大トルクは1,750rpm~5,000rpmの間で450N・mを発生します。パワーウエイトレシオは3.85kg/PSに向上し、パフォーマンスの強化およびさらに俊敏なドライビングダイナミクスを実現しています。クロスレシオのマニュアルトランスミッションと機械式リアディファレンシャルロックにより、911カレラ Tは4.5秒で0‐100km/hに達します。これは、911カレラ クーペより0.1秒速いタイムです。このモデルは、200km/hまで15.1秒で達します。また、カレラ Tにはポルシェ ドッペルクップルング(PDK)も装備可能です。この場合、0-100km/h加速が4.2秒、0-200km/h加速が14.5秒となります。いずれのトランスミッションのタイプでも、最高速度は290km/hを超えます。

※日本仕様はすべて7速PDK仕様となります。MTの設定はありません。

*参考画像は添付の関連資料を参照

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>

ポルシェ カスタマーケアセンター

0120-846-911

ポルシェ ホームページ

http://www.porsche.com/japan/

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461145_01.jpg

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461145_02.jpg

参考画像(3)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461145_03.jpg

参考画像(4)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461145_04.jpg

参考画像(5)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0461145_05.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]