/

大日本住友製薬、米国で慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療剤「Seebri Neohaler」を発売

発表日:2017年10月20日

米国における慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療剤「Seebri(TM) Neohaler(R)」新発売のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田正世)の米国子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(以下「サノビオン社」)は、10月19日(米国時間)、米国において、慢性気管支炎および肺気腫を含む慢性閉塞性肺疾患(COPD)による閉塞性換気障害の長期維持療法に用いられる吸入用パウダー製剤「Seebri(TM) Neohaler(R)」(一般名:グリコピロニウム臭化物、以下「シーブリ」)を発売しましたので、お知らせします。

シーブリは、1日2回吸入の、長時間作用性ムスカリン受容体拮抗薬(LAMA)です。サノビオン社は、2016年12月21日(米国時間)にノバルティス社(本社:スイス バーゼル市)との間で、シーブリのほか、「Utibron(TM) Neohaler(R)」および「Arcapta(R) Neohaler(R)」についての米国における独占的な販売権に関するライセンス契約(*)を締結しました。ノバルティス社は、2015年10月に、米国食品医薬品局(FDA)よりシーブリの承認を取得しています。

サノビオン社のExecutive Vice President and Chief Commercial OfficerであるDavid Frawley(デイビッド・フローリー)は、次のように述べています。「当社は、米国の何百万人ものCOPD患者さんへのコミットメントの一環として、新たな治療選択肢であるシーブリを提供します。サノビオン社は、個々の患者さんのニーズに応じた幅広い薬剤や吸入方法を備えたCOPD治療剤のポートフォリオを有しており、その中で携帯型のドライパウダー吸入製剤であるシーブリは、重要な製品になります。」

シーブリは、2本の多施設共同、プラセボ対照、二重盲検並行群間比較の臨床試験において、プラセボに対し、呼吸機能(FEV1 AUC 0-12h)のベースラインからの変化量を有意に改善(p値<0 display="1" url="http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0460914_01.pdf">http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0460914_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン