2017年12月15日(金)

プレスリリース

マクニカネットワークス、韓国N3N社と代理店契約を締結

2017/10/11 10:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年10月11日

マクニカネットワークス、企業のデジタル化促進を支援する

N3N社と代理店契約を締結

~デジタルコンサルティングサービスと可視化プラットフォームにより

スマートシティやコネクティッドインダストリーズ、スマートオペレーションの実現を支援~

 

 ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、この度、世界中のIoTプラットフォームでビジュアリゼ-ションを実現する韓国N3N(エヌスリーエヌ、本社:韓国、CEO: Nam Young Sam)と日本における代理店契約を締結し、N3N社の可視化プラットフォームIoT Editor-WIZEYEを活用した企業のデジタル化を支援するデジタルコンサルティングサービスと可視化プラットフォームを提供する事を発表いたします。

 ・製品名:WIZEYE(ワイズアイ)

 ・提供形態:年間サブスクリプションライセンス、など

 ・提供開始日:2017年10月11日

 既存のビジネスの変革(脱却)や新たなビジネスモデルの模索のなかで、多くの企業が事業のデジタル化に向けた取り組みを検討し始めています。しかし、サイロ化された組織やデータのガバナンス、高額なオーダーメイドソリューションが必要になるなどの理由により、企業のデジタル化の取り組みを進めることは容易ではありませんでした。

 この度、マクニカネットワークスが提供を開始するN3Nの可視化プラットフォームIoT Editor-WIZEYEは、企業内の様々な定型/非定型の異種データを統合/階層化してリアルタイムに可視化し、1つのプラットフォーム上で容易な分析を可能にします。WIZEYEを活用することで、リアルタイムなデータ構成/表示構成をユーザ自身が簡単かつ安価に編集可能となります。また、IoTデータなどの様々なデータをシングルビューで共有し、様々な危険な要素をアラーム表示できるため、経営層から担当者まで同じ画面で問題を認知し、スムーズな問題解決を可能にします。

 既に世界中でスマートシティやIoT基盤、スマートオペレーションなどデジタル化のためのシステム基盤で活用されており、IoTデータを活用したデジタルビジネスによる収益の獲得や運用の効率化など企業価値の最大化に寄与しております。

 マクニカネットワークスでは、お客様のビジネススキームを理解し、視覚化し、次の手を打つために、N3N社の可視化プラットフォームや世界の多くの事例を活用したデジタルコンサルティングサービスも合わせて提供することで、IoTデータを活用したデジタルビジネスによる収益の獲得や運用の効率化など企業価値の最大化に寄与してまいります。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459878_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報