/

電通、労働基準法違反に対する判決について発表

発表日:2017年10月6日

当社の労働基準法違反に対する判決について

当社の労働基準法違反に対し、本日、東京簡易裁判所から罰金50万円の有罪判決が言い渡されました。

当社はこの判決を厳粛に受け止め、関係者の方々に心よりお詫び申し上げます。また、社会の一員として、企業のあるべき責任を果たせなかったことを深く反省しております。

当社は、2016年11月に社長執行役員を本部長とする労働環境改革本部を設置し、法令遵守の徹底、過重労働の撲滅、労働環境の改善に向けた抜本的な改革に全社を挙げて取り組んでおります。

当社は、この改革を着実に実行し、「働き方も働きぶりも、皆様に信頼される会社」を目指してまいります。

なお、労働基準法違反の責任を明確化するため、改めて関係役員3名に次の処分を行っております。

・代表取締役社長執行役員  山本 敏博:月額報酬20%の減額を6カ月

・代表取締役副社長執行役員 中本 祥一:月額報酬20%の減額を3カ月

・代表取締役専務執行役員  高田 佳夫:月額報酬20%の減額を3カ月

これまでの関係者の処分等については別紙をご覧ください。

以上

<別紙>

※添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459692_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン