プレスリリース

NTTネオメイトなど、「AQStageビジュアルIVRサービス」の提供を開始

2017/10/3 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年10月3日

「AQStage ビジュアル IVR サービス」の提供開始について

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(本社:大阪府大阪市中央区 代表取締役社長:上山圭司、以下、NTTネオメイト)は、株式会社ディメンションデータジャパン(本社:東京都港区芝浦 代表取締役社長:橋本晃秀、以下ディメンションデータジャパン)とパートナー契約を締結し、コールセンターにおけるコール数の削減及び通話時間の短縮というニーズに対応した「AQS tage ビジュアル IVR サービス」(以下、本サービス)の提供を開始致します。

Jacada 社製の「ビジュアル IVR」を活用したサービス提供は、日本市場では初の試みとなります。

1. サービス提供の背景

近年、コールセンター業界は、慢性的なオペレーター不足を背景に、コール数の削減、通話時間の短縮など業務の効率化が望まれています。そのような中、NTT ネオメイトとディメンションデータジャパンは、『Jacada ビジュアル IVR』(※1)(※2)を活用することによって、コールセンター利用者さまの利便性や満足度の向上、また、コールセンター運営者における業務効率化といったコールセンター市場のニーズに応えてまいります。

※1:Jacada 社はコールセンター業界で 25 年以上コールセンターの課題を解決するソリューションを提供しており、「ビジュアル IVR」についても海外で多数の導入事例があります。

※2:IVR システム:Interactive Voice Response System(自動音声応答システム)

2. 本サービスの概要

本サービスは、従来の音声 IVR システムで利用者が不満を感じやすかった、お問い合わせ時のダイヤル操作に要する時間や、オペレーターへの転送時の情報連携といった問題を解決し、顧客満足度の向上と業務効率化の両立を実現します。

特長1)ビジュアル型の IVR

 利用者さまがスマートフォン等を使い、視覚的に知りたい情報を選択していく事が可能です。さらに選択肢に応じて、関連のある Web サイトに誘導することや、資料を表示させることも可能です。

特長2)専用アプリが不要

 利用者さまが、スマートフォン等に事前に専用アプリをインストールすることなく、ビジュアル型 IVR を利用いただけるため、利便性が高いサービスとなっております。

特長3)オペレーターとの情報連携

 利用者さまが選択した内容はオペレーター側で確認する事ができ、事前に状況を把握した上でその後の対応が可能なため、通話時間の短縮につながり業務効率化が期待できます。またスマートフォンで撮影した画像を共有する事もでき、利用者さまにストレスを与える事なく、シームレスな顧客対応を実現します。

特長4)総合的なサポート

 これまで培ったコールセンターサービスの豊富な提供実績(※3)をもとに、故障時の切り分けから復旧までをNTTネオメイトが一元的に対応することで、コールセンター運営者さまの導入・運用負担を軽減します。

※3 3年連続国内シェア No.1

 富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2015年・2016年・2017年版 CTI SaaS 市場調査」より

◇参考画像は添付の関連資料を参照

◇リリース詳細は添付の関連資料を参照

*本リリースに掲載されている会社名、商品名、サービス名は、それぞれの会社の商標または商標登録です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459230_01.png

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459230_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]