/

NTTドコモ、8K60fpsVR映像配信・視聴システムを開発

発表日:2017年10月2日

世界初8K60fpsVR映像配信・視聴システムを開発

~高解像度液晶パネル採用で、没入感の高いVR体験が可能に~

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、この度、世界初(※1)の8K60fps(※2)VR映像配信・視聴システム(以下、本システム)を開発しました。この技術は、パノラマ映像コンテンツとして高品質の8K60fpsコンテンツの配信と視聴を可能にするものです。

本システムは映像配信を行うサーバーと、ストリーミングによりコンテンツの再生を行うプレイヤー、高品質パノラマ映像を没入感高く視聴するための高品質ヘッドマウントディスプレイから構成されます。通常、映像の再生負荷はコンテンツの解像度とフレームレート(1秒当たりの映像フレーム数)の積に比例し、8K60fpsコンテンツの再生は非常に高負荷となるため、ハイエンドなPCを用いても再生が困難でした。そこで、ドコモではNTTテクノクロス株式会社の「パノラマ超エンジン」を用い、2K解像度の映像を2枚同時に再生するプレイヤーを開発しました。

これにより再生負荷が大幅に下がり、市販のPCでの8K映像の再生が可能となりました。

尚、10月3日(火)から6日(金)に幕張メッセで開催される「CEATEC Japan2017」のNTTグループブースにて本システムの展示を行います。その際、1008ppiの非常に高い画素密度と2K×2Kの解像度を実現したシャープ株式会社のIGZO液晶パネルを採用し、ドコモが新たに開発したヘッドマウントディスプレイと、ヤマハ株式会社協力の立体音響技術「ViReal(TM)(バイリアル)」を用いた映像コンテンツにより、360度パノラマVRにおいて音と映像が一体となり様々な方向から迫ってくるような感覚が体験でき、非常に没入感の高いVR体験が可能になります。

ドコモは、今後も幅広いパートナー企業との連携を促進し、5G時代における音楽イベントやスポーツ等の新エンタメ体験の実現に向け、高品質なVR技術の開発に取り組んでまいります。

※1 2017年9月29日現在 NTTドコモ調べ。

※2 8Kコンテンツを1秒間に60回表示可能。

*「ViReal(TM)(バイリアル)」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。

◇別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0459055_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン